FC2ブログ

年月


布団の中で、ふと思った。

年齢を重ねてゆくことは
連続する損失を意味する。
つまり、これから先の人生は失くすことばかりなので、
その現実に自分は耐えられるのだろうか、と。

たとえば、若いころから続けてきたボクシングだ。
もう若い人たちの指導をある程度任されているので
ミットを受けたりしている。
先日も、何人もの若者をマンツーマンで指導した。
育成は楽しいものだから、その日はそれで大いに満足して
清々しいほどの満足感で帰宅した。
しかし、だ。
私が本当に好きなのは、
かつてがむしゃらに拳を振るったあの若き自分なのだ。
その自分は、今は失われた。
しかしこうして、今でもリングでしっかり動けているではないか。
そう自分に言い聞かせても、
今はこうして動けているがこの先どうなるのだろう、などと、
どうしてもネガティブになってしまう。
損失とはどうにもやっかいなものだ。

まぁ、これが現実である以上はどうにもならないのだから、
これから先の人生は
どう向き合ってゆくか、に集中しなければならない。
なるほど、私の答えはもうでている。
禅である。


読んでくださった方、ありがとうございます。

写真


写真を撮ることは保険のようなもので、
後からいくらでもその光景を見返すことが出来るという油断から、
その瞬間にその光景に出会った感動を
おざなりにしてしまう恐れがある。

現実のその、
実体験で感ずる衝動は
その瞬間にのみ感ずることが出来る
刹那的なものであるからこそ、
消えてしまう前提だからこそ、
重大な価値があり意味があるのだという。

だから、その瞬間に集中する為にも、
写真は撮るべきではなく
現実世界のリアルを感ずることに
全身全霊を向けてもらいたい、と、
そいういった内容のある高僧のお話を聞いたことがある。

なるほど。
それも一理ある。

しかし、写真というものは実に偉大で
その時、その時の空気をそのまま密封して
遺すテクノロジーだと私は思っているので、
全面的に同意は出来ない。
琥珀に閉じ込められた白亜紀の生物のようなもので、
確かにその時、そのままの時間を
閉じ込めて保存するのが写真なのである。

過ぎ去った時間、
去っていった人たち、
みんながかつてそのままの姿で、
写真の中にあるのだ。
その時の感情や思いや愛おしさや切ない気持ちや、
何十年も前の自分そのままが蘇ってくる。

全てを失くした現実と照らし合わせれば
それは残酷な凶器にもなりえるが、
かつて存在した倖いが確かにこの手にあったという
その証拠を、
この目で確認したくなるのが人というものだ。

私は今夜、
この写真を抱きしめて涙を流そう。
しかし明日は、
現実の世界の太陽のもとを
胸を張った大股で歩いて行こう。



読んでくださった方、ありがとうございます。

嵐の中にこそ平穏


嵐の中にこそ平穏。
実に上手い言葉だ。
流石は私がスーパースターと敬愛する太宰治だ。
核心をつく言葉をさりげなく織り交ぜてくる。

実はこのところの勤務の難しさに
もうウンザリして疲弊しているのであるが、
ふとこの言葉が目に留まる機会があった。
嵐の中にこそ平穏。
今のこの勤務は嵐。
その嵐も、ずっと遠い未来から見返した時には
きっと懐かしく思って同時に
もう帰れない日々に切なさを感じるかも知れない。
この嵐そのものが平穏なのかも知れない。

嵐の中にこそ平穏。
嵐の向こうの晴れ間を見越しての意味もありそうだ。
嵐に立ち向かい、乗り越えた時には
格別の思いを感じることができる。
私は今、嵐の向こうの晴れ間、
平穏がより一層に際立つ晴れ間に向かっている。(はず)

嵐の中にこそ平穏。
今この時、その先、全てが平穏。




読んでくださった方、ありがとうございます。

熊野を思う


熊野の旅の思い出は私の心をすっかり支配して
その思いは薄れるどころか
時と共にどんどん強くなってゆく。

この懐かしい感じは何だろう。
人生のある一点に於いて感じた夏草の香り、
帰るべき家と家族の食卓。
人生の終焉どころか
過去にも現在にも未来にも、
何に対しても不安も恐れも慄きも感じず、
損失の恐怖など微塵も知ることのない
雲のように自由な子供の時代。

山は高く、川は力強く、
見るもの全てが私の背丈を遥かに超える存在、
そんなちっぽけなハズの私が感じた
何の心配事もない万能感。
小さな子供の無力を自覚しつつ
その責任を年齢のせいにして
安心して大人に頼っていた日々、
何も考える必要がなかった。

私は、熊野で山の斜面を滑空した。
山道を駆け回る子供の私を眼下に、
今は風となった花そらと一緒に
広大な青空に溶け込んだ。
そのまま消えてなくなり、気が付いたら
夜の熊野を汽車に乗って旅していたのだ。
そして今、また、ここにいて、
遠い熊野を思っている。





夜の闇をゆく車窓の光はぼんやりと暖かい

31AUG19 - 01SEP19 KUMANO 1 033a








読んでくださった方、ありがとうございます。

スズメとの会話


何年もスズメにご飯をあげている。
玄米を炒った、所謂、炒米というものだ。

炒米とは、戦国時代のMRE(戦闘糧食)で、
そのままポリポリと食べることも出来るし、
お湯に浸せばご飯にもなるという便利な携帯食だ。
似たもので、干飯というものもある。
とにかく、立派な食べ物であるのだが、
家の近所のスズメさんたちは
贅沢にもこの炒米を食していらっしゃる訳だ。

朝、雨戸を開ける音に反応して
スズメたちは集まってくる。
炒米をお皿に移す間、
お隣の屋根に列を成して
行儀よくこちらの様子を伺っている。
千代、千代、といって鳴くが、
早よせい、早よせい、と云っているように聞き取れる。

中には待ちきれずに
周囲を飛び回っている者もある。
バサバサバサという羽音が聞こえる。
空気を掻く音。
鳥の運動量とはこれほどであるのか、と驚く。

室内に入って窓を閉じ、カーテンを閉めると、
スズメたちの食事が始まる。
幸せそうな穏やかな囀り。
時折の、チチチチ!と激しく鳴く声。
自分がスズメたちの人生の一部になったような、
そんな甘い錯覚に心が安らかになる。
平穏とはこういったことであるか、などと
一人うっとりとする。

出勤が早い日、辺りがまだ真っ暗のうちに
炒米を準備する。
スズメ達の姿は見えない。
見上げた空に月。

月は一人気高く煌々と世界を照らし、
私は勤務前の緊張に身を震わせる。

翌日の朝、
炒米を準備する為に庭へ出る。
前日、確かに丘を成していた炒米は
綺麗になくなっている。
空中に吊るしたお皿だ。
スズメさんたちが食さない限り無くなることはない。
ハタハタと飛んで集団で集まってくる
彼らの姿が目に浮かぶ。
米粒をついばむ姿が目に浮かぶ。
新しく炒米をお皿へ。…

私たちは確かに交流している。
空になったお皿を見るたびに、
なんだか手紙のやり取りをしているように感じて
愛おしい気持ちに身震いしそうになる。

月は笑って見下ろしている。




読んでくださった方、ありがとうございます。

10年の秋


20091112084931fc7_201910260925584a3.jpg

ファイル名からすると、この写真はちょうど10年前、
2009年の11月に撮ったもののようだ。

当時の私は花とそらと一緒に山々を駆け、
草むらに寝そべって秋の高い空を見上げながら
なんの心配事もない幸福に
思わず伸びをしてわーッと叫びたくなる衝動にかられ、
花そらをぎゅッと抱きしめながら、
なんだかもう、有頂天のそのまた絶頂だった。

家路につく前には夕陽をながめながら
それでもなんとなく切ない気持ちになって
そっと花そらの背に手を置いたりしていた。
花とそらは、こちらを向いて静かに微笑む。
相模川のほとり、丹沢をみていたあの静謐を忘れない。
人生の倖いというものが凝縮されていた。

私はあの頃、確かに倖せで、
思い返せば夢の中を浮遊していたように感ずる。
それでも心のどこかに別れへの予感は常にあったので、
こういった俳句が重く、重く、感じられたのだ。
今では、より一層。


おりとりて はらりとおもき すすきかな

ふと手折ったすすきの思いがけない重さをうたった俳句。
命の尊さや損失の悲しさが
見事に表現されているように思う。

学識の士に云わせると本来の解釈は違っているかも知れない。
しかし、私がこの言葉に感ずるものは、
この世の無常と人の無力のやるせなさ、だ。
人それぞれの解釈が出来ることが
優れた文学である証、と誰かが云っていたが、
この俳句がまさにそれで、
本来の解釈と違っていようが何だろうが、
私にとっての人生を表す重大な一作であることに
変わりはないのだ。


読んでくださった方、ありがとうございます。




この俳句の作者、
飯田蛇笏といえば高浜虚子の弟子らしいのだが、
そうすると間接的にのぼさんの弟子でもある、とも云える訳だが、
どうもこういった場合、孫弟子、という言葉があるらしい。

らしい、らしい、ばかりでいかにも頼りないが、
まぁ、ブログなんてものは個人の趣味で書いているので
なんのあてにもならない前提だから
解釈のことも含めて
笑ってお許し願いたいところです。

お酒のクライマックスは飲み始めの瞬間だと思う


私は酒が好きだ。
特に好きなのが最初の一口で、
しらふの状態から
急激に酔いに侵食されてゆく瞬間が好きだ。
胃に流れ込んだ酒が吸収され、
あっという間に脳に影響を始めるあの瞬間だ。

真っ白い紙を真っ黒な墨汁が染めてゆくような、
乾いた砂に打ち寄せる波が染み込んでゆくような、
突然の驟雨に世界が洗われてゆくような、
なんともいえない、この、
抗えない力による侵略を体験出来るのが
飲酒に於ける最初の楽しみであるように思う。

然し、残念なことにこの感覚を味わえるのは
ほんの一瞬のことで、
うむ!きたぞ!
などと叫んで、馬上杯を掲げて立ち上がり、
至福に身を震わせた後は
延々、ちびちびと飲むだけの平坦な道となる。

旅客機に例えることができる。
離陸からの急激な上昇、
おぉ、飛行機に乗っているのだ!
と、実感できる瞬間だ。
アムロ行きます!といった興奮。
然しこの後は延々と1万メートル付近を水平飛行。
稀に乱気流などアクシデントがあるところも似ている。
クライマックスはやはり、最初の始まりの発端にあるのだ。

とりとめのない文を書いている。
実はこれから歯医者なので、
目を背けようとして自分の好きなことを語っている、という訳だ。
私は歯医者が怖い。



読んでくださった方、ありがとうございます。

歯科医院にて


私は歯医者さんにかかるのが大の苦手だ。
あの恐怖と緊張は正に日常の中の非日常と云える。
いつ、突然の鋭い痛みに襲われるかと戦々恐々、
恐れおののきながら、身を固くしている。

しかし、私のかかりつけの医師は大変に腕利きで
痛みなどは注射を除いてほとんどないに等しい。
実際のところ、痛いと思ったことは一度もないはずだ。
つまり、私はありもしない幻想に恐怖している訳なのだが、
それはわかっているのだが、矢張り怖いものは怖い。

治療を受ける時にいつも思い出すのが関羽の逸話だ。
関羽は、毒矢を腕にうけた為に骨を削る手術を受けたが、
その際、酒を飲みながら碁をうっていたというのだ。

ほれ、と差し出した腕を医師が切開して骨を削る。
関羽は意にも介さず碁を打っている。
彼の凄まじい精神力と豪胆さを表す名場面だ。
関帝は最早神格化されているので、
こういったエピソードには枚挙が暇がない。

私は学者ではないので正史だ演義だ、事実だ創作だなんて
まったく関係ない。
信じたいものだけを信じるし、
こうであって欲しいと思うことだけを信じて人生の手本とする。
関羽をはじめとして、中国の英雄からは学ぶことが多い。
常に人生の手本と出来るように努力しているつもりだ。
しかし、歯科医院での冷静な振る舞いだけは出来そうにない。



読んでくださった方、ありがとうございます。




また逢う日まで


熊野の旅は極めて有意義なものであり、
私の人生に多大な影響を及ぼす1ページとなった。

しかしこれは、単なる序章の予感がする。

必ずまた、熊野の地を歩くことになるだろう。
その為には、これから大いに倹約に励み、
おぜぜをかせがなければならない。

果てしなく続く山々、悠々と流れる大河、
濃い青の空と厚い白の雲、
山間に点在する古民家と
命を養う農作物、
生命と土地を守る神々の社。
美しい厳粛、熊野。

次の旅も航空機によるものとなろうが、
だんだんと近づく熊野に私はこう云うだろう。
熊野か、何もかも皆懐かしい・・・

何故だかわからないのだけど、
例の沖田艦長のこのセリフが頭に浮かんだのは、
(冗談はさておき)
熊野に「帰る」、という意識があるからかも知れない。
丹沢に踏み込んだような錯覚も
もしかしたら錯覚でないのかも知れない。

私の熊野、また逢う日まで。…



読んでくださった方、ありがとうございます。

熊野の旅路で聞いたお話 3


(さらに続きます)

「貴族はこの長距離の山道を実際に歩いたのか?」
この質問は非常に多くされるとのことで、
私もこれはぜひお尋ねしたいと思っていたのだが、
答えは以外にもイエスで少々驚いた。

輿に乗って悠々と山道をゆくマロマユゲが想像しやすいのは
私だけではないと思うが、
以外にも皆、自分の足で歩いたのだという。
これには成程と納得する訳があるのだが、
要するに、自分で歩いて艱難辛苦を味わうことが
既に浄化の一端であると考えられたようなので、
(この辺り、記憶が曖昧で表現は若干違うはずです、ご注意ください)
人に運んでもらっては意味がない訳だ。

これなら、蹴鞠や筆より重いものを持ったことがないヘタレであっても
自分で歩いたのだ、という話には頷ける。

hana ordinary 花「貴族に恨みでもあんの?www」

sora scared そら「所々に悪意を感じるでしゅ!」


まぁ、なんだか意外ではあるけども、
皆さん、真面目に歩いたようだ。

(小声)藤原定家が輿に乗っていたのは内緒にしておこう。







読んでくださった方、ありがとうございます。

前ページ | はなそらDAYz!ホーム | 次ページ