明日の自分は今日作るべし


のどかな週末に何をするか。
寝るか、遊ぶか、ビールを飲むか、
それとも勉強するか。

目の前の安易な幸福に溺れるのも良いでしょう。
併し、そうする事によって
将来確実に訪れるであろう失態の可能性を
少しでも減らしたいのであれば、
ちょっと踏ん張って勉強すべきです。

颯爽と凛々しく、自信に満ち溢れている人は、
こういう分かれ道では例外なく
苦難の道を選んできているものです。
しかも、何の躊躇もなくそうしていましょう。
楽をするという選択肢が最初からないから、
今こうして精悍な姿であるのです。

明日の自分は今日作られます。
遊べばそれなりにしかならないけども、
努力すれば理想の自分に近づける。
更に云うと、
立ち止まれば忽ち追い越される、の、
所謂、泣くのが嫌ならさぁ歩け、を謳う戸黄門理論も
ここに関係してくるでしょう。
やるしかないなら、やるしかないのです。






とはいえ、気分が乗らない時は乗らないものです。
そこで、
私のような気分屋にも有効な
すばらしい呪文をここでこっそりお教えましょう。

失態、失態、失態。
三度唱えてみて下さい。

怖くなってきて勉強するしかなくなります。







いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

人形


小林秀雄に「人形」という
有名なエッセイがあります。

これは戦後間もない頃、
あるご婦人が人形を自分の子供に見立てて
まるで生きた人間の様に扱っていた、という
実に悲しいお話でありました。

人形が亡くなった子供の代わりである事は明白でありますが、
果たしてこのご婦人は正気だったのでしょうか。
正気を保つ為に自らをだまし続けていたのか、
或いは、最早心は壊れてしまっていたのか。

私はこれと似た光景を目にしたことがあり、
その時の衝撃は未だに胸に残っています。
背後にある悲しみの涙を思うと
胸が痛くなるほどであり、又、
自分もいずれこうなるのではないか、という恐怖に
足が震える思いでした。


あれから何年も経って、
倖いにも自分は今こうしておりますが、
移り変わりがこの世の定めであるのなら
誰でもが
あのような悲しい境遇に陥る可能性があるのです。
それはある意味、無垢の美しさを備えてはいますが、
やはり、本質は純然たる悲しみでしかない。

併しそれがこの世の理に根拠を成すものであるならば、
真の人生が始まるのはそこから、という見方も出来るかも知れません。
ゲーテも似たような事を云っていたような気がしますが、
仮にそうであるならば、
人生とは実に厄介極まりないものであります。

只管打坐、ちょっと座ってきます。






このエッセイには感ずる事が多く、
過去に於いてもいろいろと書いていました…。

古馬乃秀邦、人形に心を痛める

お散歩で見たこんな光景(2012年3月)


いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。


一度はヘタれるべし


私は常に自らの価値観を絶対視しているので、
努力という行為には強い拘りがある。
したがって、
努力しない者を軽蔑する傾向にあるし、
それは死ぬまで変わらないだろう。

しかし、ある日の朝、
なんとその私自身がヘタれてしまった。
その日が雨というのもあったろうが、
自転車で出勤途中に、
突然、超絶に憂鬱な気分になったのだ。

毎日、頭が沸騰するほど勉強し、
気が遠くなるほどのショックを受けながら
難しい仕事に取組み、
それでも何一つ計画通りに事は運ばず
どうにもならないものを
どうにかしなければならないというプレッシャー。
何故こんなことをしているのか?

もっと楽な生き方はいくらでもある。
無理して毎日勉強しなくてもいいではないか。
そんか事より、帰宅したら
ビールを飲んでテレビをみて、
頭を悩ますのはゲームの攻略のみで
好きな本を読んで、史書を楽しみ、
休みの日は計画など立てずに
ただただ遊んで暮らす。…

そういう生活にすこし憧れた。
ただ楽しんで生きるのは良い、とても良い。
本気でそう思ったし、羨ましさも感じた。
真の幸福とは、
緊張の無い安らかな日々にあるのではないか、とさえ思った。
併し、しばらくして思い直した。

幸福とは常に相対的なものだ。
人それぞれに倖せの形はある。
私の幸福は、きっと、苦難の後にある
大きな達成感にあるのではないか、と
迷いの後にふと気づいたのだ。

苦難が大きければ大きいほど、
その幸福も又、大きなものとなる。
それは、困難な道を選択した者のみが
その果てに出会える
魔法の青い蝶々のようなもので、
楽な道を選んでいては
絶対に見つけることは出来ない、
要するに、
神と交わす精神的等価交換の産物と云ってもよい。
(かも知れない)

そうだ。 私はその為に、困難な道を選んでいたのだ。
なんという事はない。
私の艱難辛苦は
自らの倖せに直結するものだった。







と、自転車通勤の20分の間にこんな事を考えていて、
我ながら阿呆だな、とちょっと笑ってしまいました。



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

雪の朝


昨夜の雪に窓の外は真っ白だ。
快晴の青とのコントラストに思い出すのは
花とそらのいたあの日々だ。

こんな朝は、慌ただしく支度をして
真っ先にドッグランへ向かったものだった。

誰にも踏み荒らされていない
真っ白なドッグランに
花とそらを解き放つと
子らは大はしゃぎで走った。
確かに素晴らしい日々だった。

過ぎ去った過去に頬を緩め
楽しかったよね、と、語りかけた。
そうだ、私たちは幸福だった。






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

冬着は出し惜しむべし


2月を目の前にして
遂に冬服を出すに至りました。

これまでの通勤は、
春秋ジャケットで
颯爽と自転車を飛ばしていたのですが、
さすがにちょっと寒くなってきました。

指は寒いを通り越して痛いし、
つま先にいたっては
どうやら霜焼けになってしまったようです。

しかし私は、厚着は甘えだと思っていますし、なにより、
我慢する自分の姿に美学を感じているので
そのことが支えとなって薄着でしたが、
残念ながら、
現実との折り合いをつける時がきてしまったのです。

私が冬用のジャケットを出し惜しんでいたのは
もうひとつ理由があります。
後ろにもう一つ心強い存在を控えさせておいて
心に余裕を持つ為でした。
持っているもの凡てを出し尽くしてしまったら
もはやそこに余裕などありません。
河を背にして陣を敷くようなものです。
奥の手は軽々しくださない、という言葉に通じますし、
もしかしたら、手の内を明かさないとも解釈できるので、
能ある鷹は爪を隠す、という言葉と、
どこかで意味を共有している可能性だってあるのです。
そういった陽性の性格を秘めた行為であるならば、
薄着は最早、兵法といっても過言ではないでしょう。
切り札はとっておくもの、なのです。

と、まぁ、服装にもその法則が当てはまるか
いろいろこじつけてみましたが、
よく考えたら、あるものは使え、に勝る法則はないので、
風邪をひく前に馬鹿々々しい習慣はやめました。
最近ちょっと疲れ気味です。


(昔は意味もなく、3枚以上着たら負け、と思っていました。
なんだったんでしょう。)


hana ordinary花「まったく意味がわからんぞなwww」

sora mumuそら「・・・・・・・・・ (はむぅぅぅ~)」





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

人生の本番


井伏鱒二だったと思いますが、
ある漢詩を「サヨナラダカゲ人生ダ」と訳しました。

短い一文に込められたそれはもう絶対の真理であり、
人生から切り離せない宿命と云えましょう。

だから、
自分の身で初めてその残酷と理不尽を経験したときに、
ようやく真の人生が始まるのです。

苦との戦いを学び、
支えてくれる他人の有難味を知り、
神仏との出会いを通して
世界への目が開いてゆくのです。

私の人生もそこから始まりました。





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

オレンジ色の稜線


遠き箱根の山の端に
秋の夕陽が沈んでゆく。

命が消えてゆくように、
稜線に微かに滲むそのオレンジ色は
刻一刻と光を失ってゆく。

この光はやがて消える。
完全に消え去る。
消失は誕生以来の定めであり、
この世界を支配する絶対のルールを根拠とした
云わば、固定された運命である。

しかしそれを誰が受けとめることが出来よう?

悉皆万物は移りゆく。
それは般若心経をはじめ
多くの賢人のの教えるところだ。

しかし、理屈と感情は常に背を向け合っているもの。

ずっと一緒に歩いてゆきたい。
誰もがそう願う。
しかし決して一緒にはゆけないのだ。

(ブルカニロ博士/銀河鉄道の夜初期稿)


さて皆さん…
この残酷がこの世の理なのであります。

そして真の人生とは、
現実を受け入れたその瞬間から始まるものだと
私は思っています。


(そう思わない時もありますが)






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

放浪すべし


ある高名な禅の老師がされたお話のなかでの
さりげない一言が非常に気になっている。

そのお話は白隠禅師の生涯について、だった。
正確に云うと、ある主題があって、
それを説明するのに引用された
多くの話のうちのひとつであったのだが、とにかく、
白隠さんという人は、
こういう人でこういう事がって、ト、お話が進み、
あれだけの人でありながら、
ある時期は、絵を描いたり漢詩をつくったりして
遊んで暮らされた日々があった、ト、そんなくだりになった。

併しそれは話の本筋には関係がなかったので、
老師はすぐに話題を戻されたが、
その直前、早口な老師がより早口になって、
こんな事をおっしゃられた。

まぁ、それがあったからこその後の白隠さんなんですけどね。

話を進めねばならないけども
これは言及しておかねばならん、トいった
一瞬の判断により発せられた言葉だ。

ちょっと笑い話になりかねないが、私のように、
過ごしてきた人生に自信の根拠を見出せない人間は、
常にいろんなことを都合よく解釈して
自らの支援材料にしようとする。
そういった人間がこの一言を聞き逃すはずもなく、
私はこれを、「人生に無駄な要素など何一つない」と解釈した。

この理論でいけば、若かりし頃の私の怠け人生も、
きっと何処かで何かの優秀な構成要素に
昇華するかも知れないのだし、
何がどう陽性に転化するかなんて
分からないのだから、
それならなんだか、もういっそ、
今日は勉強をやめて放浪の旅に出ようか、などと……

こう考えだしたら、まぁ、コーヒー休憩の時間であろう。

hana ordinary花「なにそれwww」

SORA smile 11AUG09 028そら「どうせ休憩するのなら、お茶もお菓子もドーンと準備!」










やってきた事の一つひとつが私の歴史を構成している。
疑問を持たねばならない要素がないではないけども、
私の後悔は改善の為の後悔であるのでそこに無駄はないはずだ。
これは現在へ集中する為の秘訣であるかも知れない。

これだから、老師の言葉は一言も聞き逃す訳にはいかない。


いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

練習で苦労して本番で楽をすべし



練習で苦労して本番で楽をする。

ある試験対策の本で見かけたこの言葉を解説すると、
要は、日頃しっかりと勉強し、
苦手な項目から逃げず、
歯を喰いしばって血の汗でペンを走らせる習慣を
単なる日常、ほんの365分の1、としておけば、
本番の試験で苦労しないし
結果に涙することもなく、
長い人生の視点からみれば
畢竟、楽なんだ、トいう至極当たり前の話。

まぁ、血の汗だ何だと大袈裟な話にせずとも、
楽な方向に流されることなく
ほんのちょっと踏ん張る癖をつけて
それをさり気なく日常化しておけば

人生、如何なる試練もだいたい何とかなると思います。
(お金の問題以外は)















でも、どうしてもダメな時は…

sora kyupiそら「レッドブル!!」

hana ordinary花「またかいwww」




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

鳥瞰すべし


細々と煩わしい事や
耳障りな他人の言動が気になるのは
その真っ只中に身を置いて、
同じレベルで同じ振舞いをしているからです。
よく云われることですが、争いとは、
同じ程度である者たちの間でのみ、発生するもの。

そんな事を訳知り顔で語るAさんも、
実はそうやって他人を貶める事によって
小さな自己満足を得ている
狭い鶏小屋の住民にすぎません。
同じような話を口角泡を飛ばして語る
Bさん、Cさんと
何ら変わりのない同じ群鶏の一員です。

では、全体を見渡せる鶴の視点を持つ人、
Dさんには何が見えているのか?

鶏小屋という組織の中で、
出鱈目な陰口を囁いたり
謀略で他人の足を引っ張ろうとしている
いい年をした大人たちが、
実に馬鹿々々しい、虚しい道化に見えているでしょう。
関わり合いになる必要がこれっぽっちもないので、
Dさんは彼らの噂話には参加しませんし、
彼らを話題にすることすらしません。
要するに、まるで相手にしていないのです。

一方、AさんBさんCさんという哀れな鶏たちは、
顔を使い分け、言葉を駆使して、
他人を貶めようと今日も躍起になっています。
この違いは何処から生じたのか??

Aさん、Bさん、Cさん。
彼らは実力がなくって、自分に余裕がないから、
常に他者を馬鹿にしていないと安心出来ないのです。
人の事ばかり気になって、
いつも他人の評判を落とすにはどうしたらいいかと、
そればかり考えていますが、
その努力を自らの向上に向けることはしません。

翻って、Dさんの注意は常時自分に向いています。
自分をしっかりと見つめて評価し、
足りない部分を補おうと努力研鑽を積むDさんには、
他人に注意を向ける暇などありません。
そうやって、
これまでの人生で己を磨く努力をしてきたDさんには
それを根拠とする無意識の自信がありますので
自らに余裕を持っています。
ふわりと浮かぶ鳥瞰の視点は、
この余裕から生まれているのです。
決してレッドブルに翼を与えられたのではありませんし、
そもそも翼というものは
血の滲みと歯の喰いしばりを経験した者にのみ、
与えられるものなのです。

とは云え、私はレッドブルが好きでよく飲んでいます。
先ずあのケミカルな香りに
怪しい説得力がありますので、
なんだかプシュと栓を開けた瞬間から
気分が引き締まります。
さらにあの、最初の甘い一口で
気分にブーストがかかる気がしますし、
又、カフェインが

hana ordinary花「うぉぉぉい! 話がズレちょるがな!」

sora mumuそら「翼を与えるでしゅ!」


話に若干のズレが生じましたけども、
鳥瞰の広い視点を持とうと思えば
先ずは努力して己を磨くことです。
そしてそれを継続して行い、日常化する。
自分に余裕を持つ為の、
それだけが唯一の道なのであります。





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

前ページ | はなそらDAYz!ホーム | 次ページ