青森挽歌 その2


宮沢賢治 「青森挽歌」

その2





A01-03MAR07 URABANDAI 581aomori

ギルちやん青くてすきとほるやうだつたよ







B20-22JAN08 URABANDAI 795aomori

鳥がね 
たくさんたねまきのときのやうにばあつと空を通つたの

でもギルちやんだまつてゐたよ






C14OCT06 091aaomori

ギルちやんちつともぼくたちのことみないんだもの
ぼくほんたうにつらかつた






D10DEC06 010aomori

どうしてギルちやんぼくたちのことみなかつたらう
忘れたらうか

あんなにいつしよにあそんだのに














Eapr 30 005aomori

耳ごうど鳴つてさつぱり聞けなぐなつたんちやい













F07,08,09FEB07 739aomori

それからあとであいつはなにを感じたらう

それはまだおれたちの世界の幻視をみ
おれたちのせかいの幻聴をきいたらう








G26OCT07 013aomori

わたくしがその耳もとで

そらや愛やりんごや風 
すべての勢力のたのしい根源






H20-22JAN08 URABANDAI 048aomori

万象同帰のそのいみじい生物の名を
ちからいつぱいちからいつぱい叫んだとき








I15NOV06 199aaomori

あいつは二へんうなづくやうに息をした









その3に続く

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

この頃って、まだ小さい「っ」とか「ゃ」とか使わなかったんですね~
普通~に、そのまま読んでる自分が、
「文字を読み始めたばかりの幼児」のようで、失笑・・・

なんで、ちゃんと読めないんだろ~。・゚・(ノε`)・゚・。
ちゃんと読もうとするばかりに、内容が頭に入らない・・・
と言う、悪循環・・・(;´∀`)

あの~「ギルちやん」ってのは、正しくは「ギルちゃん」で
賢治の妹さんのことですか~?

あはは~(;^ω^)
「そこからかいっ!!」って感じでしょ?
もう、私ったら、中学からやり直し~!?

=とも様=

とも様、いつもお忙しい中、コメントありがとうございます!

そうですね・・・
この時代はまだ、
「書く言葉」と「話す言葉」が違ってましたので。。
(といっても、明治の頃ほどではなかったけど)

正直、読みにくいですよね(笑

ギルちゃんは、賢治の妹のトシのことでOKですぜi-189

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/905-43e805f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)