ペットカウンセリングのはなし


そろそろ過去ネタアップしないと~のはなママです。

で、5月の出来事から(爆

そら坊ちゃまの威嚇吠えの対象一覧。

・花以外の犬(他の子とも楽しそーに遊んだ時期もありましたが)
・犬に慣れていない子供
・人の甲高い声&特別低い声
・その日の気分によるが車両全般(はなそら号除く)

あとあと...って書き出したらキリがないわ!

一時期落ち着いたかなと思ったら4月頃復活。こういう波を何度も繰り返していくもんなんだろうな。

鎖でつながれていた生活=嫌な事や物からの逃げ場が無い状態に近い。追い詰められた結果、威嚇吠え、または噛む攻撃に出る。そらは吠える方が習慣付いてしまってる所があって。噛みはほぼ矯正済み。

こういう問題は時間かけてじっくり治していってあげるべきとはよく聞きますが、実際にそらと暮らし初めてから自分でも実感しました。が同時に「外に出ると怖いものだらけ」のそらが不憫で、一日も早くこの恐怖心を全部取り除いてあげたい!なんて焦った時期もありました。。。どっちなんだよ。

ま!時間かけても無駄な回り道はしたくないのよって事で、5月末にペットカウンセラーの佐藤真奈美先生にカウンセリングお願いしてみました(興味のある方HPはこちらです

4月中旬にカウンセリングを申し込んで予約を取れたのが5月31日。愛犬との良い絆作りに悩む人がそれだけ多いってことなんですね。

実際に家に来て、普段のありのままの花そらを見ていただき、先生の質問に答えていく。1時間ちょっとでしたがとっても分かり易く説明していただいて、有意義なカウンセリングでした。以下先生からのアドバイスをパパッとメモしたものなので、読み難かったらごめんなさいです。

最初の家庭での環境が、そらにとっては辛いものであり嫌な経験として記憶されていること。ゆっくり時間をかけて、今の家の中では100%安全・安心なのだということを理解させていってあげること。

飼い主がリーダーとして頼りないから、そらは自分で自分の身を守ろうとして威嚇に走るのかとも思ったのですが、リーダーシップは取れているので現状維持だそう。そらは今の環境(家族)が気に入ってくれている。ただ一度捨てられた記憶から、今の家族に嫌われたくない、捨てられたくないという心配は抱えているそう。こんな時、言葉が通じれば、なんて思いますが。たとえ通じても、どんなに言葉で伝えても、こればっかりはね。100%安心してもらうには長~い時間が必要なのよねきっと。
 
そらは先住犬の花を模範と考えていて、他犬・人とも花がするように接したいと思っている。ところがいざ人や犬が近づくと、長年の防衛本能が働いて威嚇吠え。その後「どーして自分は出来ないんだろう」と自己嫌悪に陥る。これがそらの自信のなさにつながっている。

・あと、人の素早い手の動きに対して小さくなって身構えることが何度かあったので、まさか叩かれたことがあったんじゃ?心配だったのですが、先生曰くそれは大丈夫でしょうとの事で安心しました。

その他、我が家の環境、私たちの花そらへの接し方などは全て問題なしで、現状維持または強化していって下さいとのこと(何故今のやり方でいいのか、要強化の点については更に良くするにはどうしたら良いかを丁寧に説明していただきましたがブログに書ききれないので省略)。あとはゆっくりゆっくり、時間かけていってあげればいいんだ。

でっ。レメディー調合していただきました。専門家が何を選択してくださるのかすごーく楽しみだったのだ(*^-^*)今まで本と相談しながらMAX7種(含レスキュー)まで調合してたこともあったんだけど、先生はそらの最初の家庭でのトラウマへのアプローチにまずプライオリティを置き「5種に絞りましょう」と以下のレメディを選択

ハニーサックル(引越しや家族が変わった時などに)
チェリープラム(突然キレて飼い主がコントロールが出来ないくらいの興奮状態になる子に)
ホリー(すぐに威嚇したり、反抗的・攻撃的になる子に)
ミムラス(怖がりで臆病、特定の物、人を怖がるときに)
スターオブベツヘレム(事故や虐待などでショックを受けている、トラウマの解消に)

そらのこれからに気を取られっぱなしで、ミムラスとスターオブベツヘレム使ってなかったなー私。あ~このまま自己流で突っ走らなくて良かった(;^_^A

今はハニーサックルを除いて、代わりにビーチを入れてもらっています。自分でレメディを買うと使い切らないうちに別のに切り替えたりしなきゃならない事もあるんですが、先生にお願いすれば無駄が出なくて済むのも嬉しいです。

カウンセリングから2ヶ月経ちました。もちろんまだ余裕で吠えますよ。でも以前は苦手なものが視界に入ると条件反射的に吠えていたのが、最近では吠える前に少~し相手の様子を見るようになりました。この小さな変化がママには大きな喜びです。頑張って続けて、いつか気づいたら「前ほど吠えなくなってきたかも?」な感じになってたら嬉しいな。

カウンセリング受けてみて、まず飼い主自身が救われました(ちょっと自信をなくしてたりもしたので(^^ゞ)。そらへの愛情も以前よりもっと深まった感じ。勉強不足な飼い主だけど、懲りずによろしくね~うちのお坊ちゃま
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

本で読んだんですけど、保護犬にはやっぱりまずレスキューと、スターオブベツレヘム使うみたいですね。それだけ心の傷が大きいということなんでしょうね。。。

うちのきなってぃもビーチがすごくよくヒットしました。入れた当日から食糞がピタリと治まったんですもん。誰にでもあてはまるわけじゃないから本当にレメディ探しは大変&面白いですよね。

それにしてもやっぱり思うのは、フラワーエッセンスもホメオパシーも、アニマルコミュニケートも、相手をよく知ろうとする点では似てますね。あぁアニマルコミュニケート受けてみたい~。

パパさんママさんの接し方に問題があろうはずがないですよw
はなちゃんそらくん見ればわかります。そらくんはこれまでの分を一歩一歩取りかえして、さらに倍!な途中なんだもんね!

優しい言葉をありがとう~。勇気付けられます(*^o^*) 

しかし、レメディーは飛ばしすぎでしたはなママw 
レメディ使いだしたのが、保護されて半年以上経ってた頃だったからスターオブベツヘレムはいいじゃろう、とか思っちゃってた。先生もしっかり使っていらっしゃいました。(^_^;) アニマルコミュニケーションも気になる、受けてみたい~~~っ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/89-587f9b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)