あるがままのキミを愛する


こないだ、
お散歩中によそのワンコとすれ違った時

SORAくんがその子に
ガウガウガウ!
っとやっちゃったんです(>_<)

さいわいにも相手の方は、
「いいのよ~。」
と言ってそのまま行ってしまわれたのですが・・

興奮おさまらないそっくん、
そのワンコの去って行った方向にむかって
猛ダッシュでジャンプ!!

しかしリードがあるので思った方向には行けず

そのまま勢いあまって
ツツジに向かってダイブ+大クラッシュ!!



粘着性のあるツツジの葉っぱを
全身の飾り毛の奥深くにからませて出てきたそっくん、
まだゼーゼー言って興奮してて・・・

HSパパは、
ガウガウしちゃった人とワンコに悪いし
そっくんの全身についた
ベットベトの葉っぱを除去する手間を
考えるとウンザリだしで

そこで超ガックリきて
なんだか悲しくなってしまったのでした。



まぁ、ツツジにダイブは
百歩ゆずって仕方ないとして

ガウガウやっちゃったことについては
その場ですぐに怒りました。

そうしたら、
怒られたことがわかるのか
そっくんその後は
ずっとうながれたカンジで
トボトボと歩いていました。

「ぽっくん、またやっちゃったでしゅ・・・」

そう全身で言いながら、
SORAもまた悲しんでいるのが
よくわかってしまいました。。




何度か紹介させていただきましたが、
この子の心には深い傷があり
それはもしかしたら
この先も完全に癒えることはないのかもしれません。


心に残った負の記憶が、
そらの学習しようとしている意欲に
何らかの影響を与えているのかもしれない。



躾がなかなかはいらないのも
他のワンコにむかって
おもわずガウガウしちゃうのも・・

郵便局のバイクをみると
何故か怒り狂うのも

栄養失調だったため、
食べ物を目の前にすると
我を忘れてしまうのも

何かにつけ
暴れてしまうのも

これはもう
仕方のないことなのかもしれない。



しかしこれだけは断言できますが、

一番に頑張っているのも
一番に苦しんでいるのも


他のだれでもなく
それは当犬であるSORA自身なのです。。



この時でした。

HSパパがそう思ったとき時、
それに気付いた時に・・


不思議な不思議な

何処からかの
大いなる存在の声が

パパの心の中に
こんな風に語りかけてきたのです。。



「この子はね、苦しい生い立ちがあって
心に傷を持っているんだ。

だから
この子を育ててゆくうえで
難しいことがあるかも知れないけども

でも
そのことも含めて

ありのままのこの子を愛してやってくれ・・・頼んだよ?」





そうか!そうだったんだ!

ありのままに、
そのままのこの子を愛していさえすれば
それだけで十分だったんだ!

暴れたって
躾がはいりにくくたって

今までのまま、
ただただこの



素直で優しくて
やんちゃで甘えんぼで

いつもニコニコしてて
いつも擦り寄ってきてくれてて

元気で活発で
時に暴走もしちゃうけど
時に頼もしい

この大好きな大好きな
このSORAくんを愛していれば!

ただただ
"ありのままのSORAくんを愛していれば"
それだけでよかったんだ!




大事なことは、たったそれだけだった・・・!









昔の人が残す言葉が
現代まで語り継がれているのは

その言葉に真実があり
その言葉に人の心を揺るがす
強い力があるから・・

それを今
確信しました。



今、HSパパが

はっきりと(言葉でなく心でッ!)理解できた
その言葉を記し

今回は
ここまでとします。




そうだ・・

あの人はこう言った。















ワンパクでもいい

たくましく育って欲しい

○大ハム!






hana happyHANA「いいの、これ?! ぷっす~www


SORA smile 11AUG09 028SORA「動画はこちらから!」
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

ううむ。
らもーなを見ているようだ。
るいもね、うちに来るまでイロイロあった子なので、
最初の数年は子供に吠えたりビクビクしながらお散歩
だったんだけど、最近ようやく落ち着きましたよw
「オレここに居ていいんだな」ってやっと思ってくれたみたい。

=ツレ様=

みんなそれぞれ、
いろんなものを背負って生きてるんですよね。。

それぞれの人生に
それぞれ劇的なドラマがある。
平凡な人生などというものなどなく、
シェークスピアじゃないけど
みんな一人一人が
素晴らしき人生劇場の俳優なんですよねぇ。

それを感じさせていただきました、
素晴らしいコメント、ありがとうございました。


みんなで
頑張って生きていきましょう!!

ツツジw 花の季節だったら見た目が夢のように麗しくなったのにねぇ。

うちなんてなんの過去もないくせに、まめちょはガウガウやるし、きなたんはピープー言うしで、飼い主の姿勢ともども恥ずかしいったらないのよw

でもねぇ。
誰にとって良い子なのか、誰にとって都合がいいのかとか考えるとね、優等生でなくっていいんだと思えるの。問題行動に見えてもその子にとっては立派な理由があるわけだし。
すぐバッチイものに体を擦り付けたり入っちゃいけないところに入りたがるきなたんは、「このにおいは持って帰って研究せねば!」って思ってるんだなとか。(ちょー臭いの洗い落とさなくちゃいけないからイラっとはするけどw。好奇心旺盛で探究心が強いから、学者タイプだね~って思うし
まめちょも未だにいろいろ怖い子なので、ここで怒ったら余計怖がらせちゃうなと思うし。

でもやっぱりやったらまずいことは多々あるしで、ちゃんと制止しなくちゃいけないんだよね。だからうちの散歩は「そういうことはしないで!」「ほどほどになさいよ!」の連呼ですw

前にあったブリジット・ジョーンズの日記の映画でさ、ダメダメなブリジットに友達が揃って口々にJust I Love youだったかな。そのまんまの君を愛してるって言うシーンがあってね。ソコだけで泣きそうになったよw

=2U様=

ぐっ!
あんさん・・・あんさん、優しすぎるっちゃ~ね!

>優等生でなくっていいんだと思えるの。
ここんとこの件に
HSパパ、超泣いたぞねもし・・!

なんか
普段は無理して(お洒落な)東京語を使っちょうけど
感情が高ぶると
どうしても生まれ育った土地の言葉が
出ちょうけぇ。。。

ブリジットジョーンズの日記っちゅう活動写真は
みたことないんじゃけど、
なんかそのセリフだけで
そんなシーンなのか
想像できるけんねぇ、泣けるぞな~!


あるがままのキミを愛する..そら君は本当に幸せ者ですね。

そら君は確かに深い傷を抱えているのでしょう。
その一方で、パパママやはなちゃんの愛情によって、少しづつ変わってきてもいることと思います。まっさらな心が吸収していくよりは時間がかかるかもしれないけれど、少しづつ怖いもの、嫌いなものを克服していけると思います。そんなそら君の力も信じてあげて下さいね。
 ひどい繁殖場で生まれ、恐怖心の塊のような状態だったジュリーも、今ではアジ大好きな元気娘になりましたから。ワンコの適応力って、人間が思っている以上なんだと思います。

=ジュリーママ様=

>ワンコの適応力って、人間が思っている以上なんだと思います。

まさにおっしゃる通りだと思います。
わかっちゃいるんだけど、
どうにも感情が暴走してしまうのが
HSパパの悪い癖でして(>_<)

ジュリママ様のような
i-189知的な理性派i-189の方が羨ましいです。。

>そんなそら君の力も信じてあげて下さいね。

もちろんです!
これだけはまかせて下さい~!
も~何しろ、毎日走り回ってる
そっくんですからi-175


そうかぁ~・・・ジュリーちゃんも。。
今日もまた知り合いの方から
その方のワンコの過去を聞いたのですが・・・

皆さん、いろいろあるんですよねぇ。。

そして皆さん、
一生懸命に頑張って生きてらっしゃる。
まこと、この世界は美しい、そう思います。

皆さまとの交流で
学ぶことが多く
本当にありがたく思っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/691-56d6bd64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)