もはや山伏


今日はなんか
久しぶりにゆっくり出来る休みなので・・・

HANA・SORAと
お山を踏破せしめてきましたぞなもし~♪




今日のお山・・・
厚木市の鐘ヶ嶽という山なのですが

登山道に
如来さまや菩薩さまがいらっしゃり
とても清らかな雰囲気のお山でした。

NYORAISAMA07JAN09 KANEGATAKE 024
如来さまの尊きお姿

BOSATSUSAMA07JAN09 KANEGATAKE 027
菩薩さま、全ての衆生を慈しんでくだされるお優しいお顔



皆さまご存知の通り、
古来より山は信仰の対象となってました。
(これは日本独特のもの)

で、
話は直角カーブしますが
奥さんのことを「カミさん」というのって
その名残なんだそうです。

hana happyHANA「話の展開がシャープすぎww」



細かい話は忘れてしまいましたが、たしか・・・

『女房 = 怖い』

『怖い = 神さま(山)』


で、

『女房 = 神(カミ)さま』

となったんだったと思います。




sora scaredSORA「つまり、刑事コロンボは日本人だったってことでしゅかっ!?」

HANA 26MAY08 022HANA「(バカ話、くるか~っ?!)wktk」



sora tangSORA「これを解説しましゅと・・・


『コロンボは奥さんのことを「カミさん」と呼ぶ』

『奥さんを「カミ(神)さん」と呼ぶのは日本独自のもの』


即ち、


『コロンボは日本人』

と結論付けざるをえないという・・・」

SORA smile 11AUG09 028SORA「三段論法が成り立つわけでしゅね!」

200812HANA DARUMA 069HANA「・・・・・・・・。」



200812HANA DARUMA 069HANA「三段論法にもなってないし、導き出された答えも違ってんぞな・・・」




あ~、なんか話が横道にそれちゃってたら、
なんかまた長くなっちゃたので

またそのうち
続きやるか~


KIRI07JAN09 KANEGATAKE 043








07JAN09 KANEGATAKE 026aa








山を信仰するのは神道。
しかし登山道に多く設置してあるのは
如来さまや菩薩さまをはじめ仏像さまたち。
(道祖神さまだと神道)
そして山頂には神社が・・・


かつて
(明治の時代だったかなぁ)
神道と仏教が
同じ場所で祀られたことが
多くあったそうです。


たしか
なんだか政府の政治的方針でそうなったんだったような。。


尊敬するひろさちや先生(仏教を思想として研究なさっている学者先生)の本に
詳しく書いてあったはずなので

ちょっとまた
勉強しなおさなくては。



ま、それはともかく・・・

日本人って
全ての神仏を尊ぶ素晴らしい民族ですよねぇ。。



スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

山岳信仰とか修験道って密教系仏教と神道が混在してて結構独特だよね。
あのあたりの話好きv-238
明治の話は神仏習合・廃仏毀釈か。京極夏彦の小説で読んだなぁ。今も鳥居と鐘楼が一緒にある寺社数多いもんね。

前に天狗で有名な大雄山でさ、たまたま何かの儀式に遭遇したことがあるんだけど、すげードラスティックでかっこよかった。読経すらパフォーマンス。心の奥底が震えたよ。若い男子高校生だったら「オレ僧侶になる!」って決心しちゃうところだったw

山って不思議な力がありそうですね~
私、時と場合によってなんですが場所によって
眉間が痛くなって具合が悪くなったりするんです。
だから、澄んでいる山や木々のある所に行くと
とっても落ち着きます。信じられないかもしれないけど・・
パパ達は、自然に体に良い事してますね。

カミさんって神さんから付けられた名前だったのかぁ(^_^)

↓の板垣さんが、新たに☆発見されてるのですね~
ロマンだわ~
肉眼では決まった☆しか見えないけれど、
何億光年先に沢山の☆や生物がいると思うと
ワクワクしてしまいます。


遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。

ついこの間、「神道と仏教」についてテレビでやっていて、
つい見入ってしまいました。
家事そっちのけで(笑

カミさんって、そういう意味があったんですね!
かなり昔から女が怖いなんて言われていたなんて、
なんだか複雑。。。
いやそれよりも、、、コロンボが日本人ってことのほうが、
複雑だわ。
HSパパのその思考回路・・・ことしも笑わせてもらえそう♪

沖縄の御嶽(ウタキ)は、森や石なんかが神さまの象徴なんですが、なんだか鳥居が立ってんだすね。こりは明治なのか、昭和なのかわからんですが、祖先信仰をヤマト(本土)に取り込もうとした結果のカタチなのかなぁ。

宗教、この年になって興味があります。HSPさま、ぜひご講義を。

=つゆ様=

>明治の話は神仏習合・廃仏毀釈か。
あ、神仏習合・・・それだったかなぁ。。
たしか、「神宮寺」が出来たのはその法令によるものだったと思うんですよ。
後で調べてみよ・・・いや!今調べねば!
調べようと思った時にはッ!
その行動は終わっていなければならないィィ!

というワケで調べてきました。
「神仏混淆」でした、奈良時代の。
「神仏習合」とは似て非なるもの、とのことでした。
う~ん、全然なんかこれ、
時代も明治じゃなかった(>_<)
なんかいい加減でごめんなさい!
そして
こうじゃねってガイドしてくださってありがとうございますi-185
また怪しいのがあったら
ぜひご指導くださいねっ!!i-278

それにしても、
今度からよく調べて書かなきゃなぁ~。

でもメンドくさいから、やっぱ
「思いのままにペンでスラスラ」方式になっちゃうんだよなぁ~・・・
思いついたことを
そのままガチャガチャ打ってるのが好きなんです、
調べたり読み返したり
めんどくさくって、ははは!
いい加減でごめんなさいi-229

でもまぁ、
こうして知識のある人が
ちゃんと指導して下さるんだから、
やっぱいっかi-189
(と、全然反省してない)


それにしても・・・

「京極」とか「雄山」とか・・
『美味しんぼ』関連の名前が連続してるトコに
反応して一人でニヤニヤしてた自分に
アウト!のコール!!

=くろりん様=

山は不思議な力がありますよねぇ~。
私は原則科学の子なんですが、
そういったことももちろん信じます。
人を引きつけるそこには、
きっと何か目に見えない力があるはず。
だからこそ、信仰の対象となるんだと思うんです。

さて一方、
科学の見地からみると
その頭痛は帯電に関係があるかもです。
プレートテクトニクスや地下水などの関係などで
山は電気を帯びていることがありますので、
その電気に影響されているのではないでしょうか?
(ピエゾ効果、で調べてみてください)
六甲あたりだと、
磁場が強いので時計がとまることもありますし、
脳のある部分に影響がでて
幻をみたりすることもあるそうです。
(磁場が脳に影響を与えて幻を見せる現象については、
カリフォルニアのバークレー大学の教授が実験で証明済み)



宇宙、すごいですよね~!
ホント、どこかに生物がいるかと思うと
ワクワクしますね!
一番近いところで、
エウロパかエンケラドゥスあたりが
一番確立高いと思います。

あと、
最近はハビタブルゾーン(生息可能区域・・・とでも訳すのかっ!?)にある惑星が続々と発見されているので、
おもしろい発見もあるかもですよん♪
昔は探査方法が確立されてなかったので、
ホットジュピターといわれるようなものしか
みつかんなかったんですが。。

宇宙については
これからいろんなことがわかっていくでしょうねぇ~♪
あ~、未来は楽しいことがいっぱいだ!


=アレママ様=

どうも!明けましておめでとうございます!
アレンちゃん、すっかりお元気なご様子で・・・
まずは当方もほっと胸をなでおろしております次第です。

花そらも、
アレンちゃんのご健康を祈っておりました、
もちろん「犬語」でっ!

神道や仏教、
文化や思想としてたいへん興味深いものですよねぇ・・
大事な家事を中断してまで
そのテレビをご覧になるとは、
アレママ様は
知的好奇心に溢れた方なのですねi-197

あ、そうそう!
素晴らしい年賀状、ありがとうございました!
イラストも素晴らしいもので感動しましたが、
あの字体には更に感動しました!
文字(書)でありながら、
ミュシャを思わせる流れるような字体、いやはや、感動してしまいましたよ~!本当に美しい!!

そしてその文字で書かれた
お心のこもった文章にも感動しました。
本当にありがとうございました・・・


あ、コロンボの話は、
なんか思いのままにガチャガチャ打ってたら
いつの間にか思いついて
あのバカ話になってしまっていました(>_<)
思いつきのバカ話で
すみませんww

でも、
笑っていただけたようで光栄です!
今年もまたどうぞ、
お付き合いくださいませ~♪

>かなり昔から女が怖いなんて言われていたなんて、
なんだか複雑。。。
逆に考えるんだっ!!
ロシア、フランスなどだけでなく
中国やアラブなど世界全国で
女性は弱い立場にあったのに・・・

日本だけは何故か
昔から女性が強かった!!!

これは世界史上では極めて珍しいものっ!
喜ぶんだっ!!

=ren-tao母師匠様=

師匠!明けましておめでとうございます!
どうぞ本年も、
この若輩な私達をご指導ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。。

「御嶽」という言葉ははじめて知りました。
今ちょっと勤務あがったばかりで
ビール飲んじゃってるので・・
今度正気な時にじっくり調べて勉強してきます。

う~ん、世の中自分の知らないことがいっぱい。

こうしていろいろ教えていただけるのって
本当に嬉しいし、驚きとか喜びとかで・・・
突き詰めていくと
こういうところに生の喜びを感じてしまうのです。

またいろいろ教えてください!
よろしくお願いいたします!
わたくしは、生涯一書生、
ご指導のほど、よろしくお願いいたします。


>HSPさま、ぜひご講義を。
いやいやいやいや!
いったい何をおっしゃいます!?
私が血迷ってそんなことをすれば、
まさにこれ『釈迦に説法』になっちゃいますって!
私なんて、まさに師匠の手のひらの上の
孫悟空でしかないのですからっ!
そういうことは
本人であるが故に
よ~っくわかりますもの(笑

ママの石鹸の「師匠」という意味と、
師匠がお持ちの
文学やその他の学問の学識の深さを尊敬させていただいて
「師匠」とよばさせていただいていますワケで・・
まぁ、これはもっとも私が勝手にそう呼ばせていただいているワケなのですが・・・
小人の身である故に
君子の方の偉大さはよくわかるのです。

というワケで、
斉天大聖って名乗っちゃいそうな
このアホなわたくしを
ぜひぜひ岩山に閉じ込めてくださいi-229

★遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

相変わらず、アクティブなHS家ですね(笑)
今年もびゅ~んと色々な所へ行かれるんだろうなぁ~

私・・・「女房=怖い」...にウケました。
どこの世界も「女は怖いのかぁ~」って。。。、
でも「女房=かみさん」がそこから来たとは知りませんでした。

ウチの旦那は私の事を外では「かみさん」とは言ってないので(たぶん)今度から「かみさん」って言ってもらうようにしまぁ~す!!(笑)

=JACK様=

明けましておめでとうございます!
本年もまた、こちらこそ、
どうぞ宜しくお願いします!

いやぁ、女性を畏怖していたのは
どこの世界史をみても
日本だけっ!!
世界のどの文明のどの国をみても、
女性は弱い立場だったというのに・・

まぁ、卑弥呼の時代からこうだったですし(^^
一方、中国はまさに三国志の世界まっただ中ですが、
女性は誰一人として
名前すら残っていないという。。
(現代の三国志演義に登場する女性に名前がついているのは、京劇など演劇の都合上創作したもの)

さすが、
日本の女性は昔から強かったのですねぇ~!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/686-7db0b289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)