今日はボクシング


パパの趣味全開で申し訳ないのですが・・・(>_<)


今日23日は、
アマチュアボクシングの
横須賀市民大会に行って来ました。

パパが通ってる拳誠ボクシングジムから
益子淳一選手が出場したので、
セコンドを勤めさせていただいたのです。



試合は、
最初から火の出るような打ち合い!

お互いひかずに
足を止めての殴り合いだったので、
開始数十秒で
相手選手は流血!

そしてそのままフルラウンド打ち合い
結果は

有効打の差からか
相手選手が勝利しました。

益子選手の繰り出す
台風のような連打を前にしながら
一歩もひかずに戦った、

そんな素晴らしい勇気の勝利でした。





さて

「火の出るような打ち合い」と、
言葉で言うのはとても簡単です。

しかし
実際にこれをやるのは

想像を絶する
日々の鍛錬によって鍛えられた


身体

技術



そして
凄まじいまでの精神力が必要です。



毎日、毎日、

何百回、何千回と
パンチを打ち続け

歯をくいしばって
苦しい練習に耐え


そんな
艱難辛苦を乗り越えても

それでも
厳しいボクシングの戦いの中、
弱い自分に負けてしまう選手がほとんど・・・


パパが思うに、
それで人間として普通なんだから
それでもいいと思うのです。
そう、それで普通・・・


しかしだからこそ

今日の二人が見せてくれたような
「人としての限界を突破する戦い」
HSパパは感動せずにはいられない・・・。



もうダメだ!
もう諦めよう!

楽になろう!



そんな心を
気力でねじ伏せ!

そして体を動かす!

これは口で言うほど簡単なことでは
断じてない!!






スポーツにおける勝ち負けなんてのは
単に結果でしかないので
さして重要ではありません。


いかに戦ったか
いかにしてここまできたか


それこそが最も大事なこと





限界を超えるまで戦った

体力も尽き
足も動かず、腕もあがらない

そんな中、
殴られる恐怖と戦いながら
リングに立ち続ける・・・

想像を超えるほどの
凄まじい精神力を見せてくれた
この二人の尊い姿


HSパパは
深く頭をさげずにはいられませんでした。





うん、やっぱボクシングっていいなぁ~。。















さてではおまけを!

ちょっと珍しいと思うので
リングが出来るまでの行程を
ちょっくら紹介してみますかの。



まずは骨組みを配置
22SEP09 173



それっぽくなってきました
22SEP09 180



骨組みに板をはめていきます
22SEP09 184



マットを張って
22SEP09 192



ロープを張ったら・・・
22SEP09 194



ついに完成! お疲れ様でした~!
22SEP09 203




スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

ボクシングのリンクは、こういう作りになっているのですね。
なるほど、これなら会場を選ばずに設営できますね。
むしろ、観客席の設営が大変なのかなぁ?

=shio-chan様=

このリング、これでもけっこー時間かかって・・
なんと設営に2時間以上もかかるんです。

客席は・・・ちょっとわかりませんi-229

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/600-79005920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)