谷山浩子、消え行くライカの命を歌うこと


月並みな感想だが、

天賦の才に恵まれたアーティストの表現力とは
かくも超絶たるものなのか!


この名曲を聴くと本当にそう思う。


谷山浩子

「僕は帰る きっと帰る」



何度聴いても胸をえぐるこの名曲は、

そう
前回紹介させていただいた
ライカを歌ったものなのです。

raika1_sm.jpg



この歌は、

悲しい内容とは裏腹に
軽快でリズミカルに進みます。

これはおそらく、
ライカの無垢で無邪気な魂を表現しているのだと思いますが
そのメロディーの明るさが
ゆっくりと私達の心を締めつけます。。






この歌はこんなふうにすすみます。
(歌詞をそのまま掲載は出来ないので
内容を書きます)


一人でふらふら遊んでいたら
知らない間にこんなに遠いところまで来てしまっていた

どこだかわからないけど
おかしな世界に迷い込んでしまったみたいだ



ライカはモスクワにいた野良犬でした。

毎日気ままに遊んでいたところを
ソ連の宇宙局に捕獲され、
強制的に宇宙船に乗せられてしまったのです。



そして

ずっとずっと
どこまで行っても同じ景色が続く宇宙空間の中、
ライカは次第に意識を失っていきます。

キミからこんなに遠く離れてしまった

僕はなんだか
あやふやで頼りない気分だ

自分の名前も、
呼吸の仕方や歩き方さえもわからなくなってきたよ・・・



この歌の中の「キミ」は、
地球を指しているものと思われます。

キミの元に帰りたい
キミに再び会いたい


そんなライカの思いが
何度も何度も繰り返し歌われます。



どんなに遠く離れていても
キミの声が聞こえる

僕をよんでいる声が聞こえるんだ

だから僕は帰る
きっと帰る・・・




薄らいでゆく意識の中、
ライカは何度も何度も叫びました・・・



僕は帰る、きっと帰るんだ

長い長い帰り道だけど
キミの元へきっと帰る


僕は帰る  帰る 帰る・・・


帰りたい!





たとえ魂だけになっても・・・













やがて


ライカの魂は

天へと召されてゆきます



最期に

ワンワンワン、ワン!という元気な声を残して・・・







無邪気で無垢で
純粋な魂は


この日

宇宙に消えて星となり



今も夜空に輝き続けている・・・






laikacard.jpg





谷山浩子

この偉大なる表現者が歌った
この悲しい歌



この歌は永遠に

ライカが帰りたかったこの地上に永遠に残り



ずっとずっと

語り継がれてゆくことだろう・・・






ライカの記憶と共に!!






僕は鳥じゃない僕は鳥じゃない
(1999/10/20)
谷山浩子石井AQ

商品詳細を見る



スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

あるある

いやぁ、HSPがこいつを聴くなんて意外でした。
で、今、聴き直している訳ですが、、、
やっぱ泣いちゃうね。
調べたら、残念ながら既に廃盤になっているようですが、
iTunes Storeで配信されているようだぞ!
聴きたくなった人たちはこの曲だけでもダウンロードしよう!
¥150だよ。

=ツレ様=

なんだか偉そうに書いてしまいましたが、
実はほとんど知らないんです、谷山浩子さん(^_^;
しかしこの曲だけは、
ライカのこともあってすごく好きなんです。。

谷山氏の作品は、
20年くらい前にちょっとだけ
あるきっかけで聴いたのですが、
凡夫の自分には良く理解できませんでしたi-241

天才(ツレ様)は天才(谷山浩子)を知るってことで、
今度機会があったら解説願います!

谷山浩子さんと言う方がライカちゃんの為に歌われた曲なんですね。
本当にどんな思いを持ちながら宇宙に消えて行ったのかと
思うと切ないです。。
歌となって残っている事がより現実的に感じられました。

=くろりん様=

この曲は泣けますよ~!
もうなんか、最後の最後まで泣くのを我慢したとしても、
曲の最後に音楽がフェードアウトしていく時、
「ワンワン、ワン!」
というワンコのなき声がはいるんです。

ここで
涙腺爆発!
ダム決壊!


意味がわからなければ
ふぅ~ん・・・で終わってしまう歌なのですが、
意味がわかったとたんに号泣という
そういう曲なのです。

i-podがあったら、i-tune storeで
150円で買えますのでぜひ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 谷山さん

鍵コメさん、コメントくださりありがとうございます!!
こうして感想を入れていただけると
書いたほうとしては非常に嬉しいものなのですi-278
ありがとうございました!

> 最後のご飯には毒が

おぉ、よくご存知ですね!
しかしながら、
この毒ご飯はライカの直接の死因とはならず、
耐熱素材の破損による熱と
極端な心的ストレスによる死であることが
後でわかっています。
ソ連が少しでも世論の批判をかわそうとしたんでしょうが、
たしか身内の書いた論文で発覚したんだったと思いますが
このへん記憶がかなりあやふやi-229


> 某ゼーレの回し者ではありませんが。
> 人間の敵は所詮、人間??? かもしれませんね……。


む!鋭いパス来た!
某とつきながら
おもいっきりぜーレという特定の団体の名称が!!www

タニヤマは、

猫は昔からよく擬人化するけれど、
イヌはイヌとしてしか、書いてない(見てない)んだよねー。
そうか。こんな曲があったのね。
いや。うちにCDはあるのだろうけど
最近のはほとんど聴いてなくて、、、(^_^;);;;

タニヤマ語らせたら、ウルサイですよ。うちら夫婦はw

=mica様=

>タニヤマ語らせたら、ウルサイですよ。うちら夫婦はw

あぁ、たしかに・・・!
お二人とも芸術家タイプですものね~!

実は私、偉そうに知ったかぶって
語ってますが、
実は20年くらい前にちょっと聴いただけで
谷山浩子は詳しくはないんです。
ただ、その独特の芸術性に
只者ではない、という印象だけはしっかり
持っていたのですが、
深く理解するまでには
至ることは出来ませんでした・・・i-241


そこに芸術性があることはわかっていたけど
理解することまでは出来ず、

己の限界を知ってしまったけど



逃げちゃダメだ!
逃げちゃダメだ!
逃げちゃダメだ!

逃げちゃダメだ!




今度、歌詞の解釈をご教授くださいませ~!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/547-34d028fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)