おまえの夕日は何色だぁーッ!?


調子に乗って
もう一発宇宙ネタを・・・





夕日は赤い・・・


そのことは確実!

そう!
コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい
確実なことです。


hana happyHANA「タイトルが北斗の拳ネタで・・・」

sora happySORA「間髪いれずJOJOネタでしゅね!」




しかし!

世の中に
絶対に確実ということなど在り得ない!


The fantastic art of Beksinskiの本を開いたら
確実にBeksinskiの絵が載っているのか?


ゴッホの絵が載っているかもしれない!!





スカイクロラのDVDを再生したら
なにがはじまるのか?


ビューティフル・ドリーマーになる可能性だってある!!!








世の中に絶対など在り得ない!

「そうなる確立が高いだけ」


そういうことなのだ、これを数学的確率論という!





hana face1HANA「なにが言いたいのかサッパリわからんぞなもし?!」

sora counterSORA「パパ今日当直明け、それと春という季節とのコンビネーション・・・・・いや、なんでもないでしゅ。。」




つまりこういうことなのだ。



私たちの地球では夕日は赤!

しかし、

火星ではなんと・・・




mars.jpg



夕日は青なのだ!!

SUGEEEEEEEE!!









NASAの火星探査機、
SPIRITSとOPPORTUNITYのどっちかが撮影した
火星の夕日・・・

なんかこれ、すごくね?!



てか

たしかこのローバーのうちの一機は
NASAの開発でなくて
MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生チームが作ってたハズ。

なんかもう・・・

米国の学生ってすごくねっ?!!




この小さい太陽も
地球じゃみれないモンだし、

なんかもう


いちいち感動ッ!!










世の中のこと全てが

すごくねっ?!!
















hana 2HANA「てか・・・」

04SEP08 199SORA「確率論、テラ関係なし!!」




いや

いきおいと思いつきで書いてるだけだから・・・・・・・・www





レイリーだかライリーだか、
何とか散乱とか光(電磁波)の波調の話とか、
なぜ青くなるのかまで書きたかったんだけど・・・

そういう退屈は話は
また今度




ではパパは当直明けなので寝ます。

皆さま、おやすみなさ~い♪












確率論へようこそ (シュプリンガー数学リーディングス)確率論へようこそ (シュプリンガー数学リーディングス)
(2005/04)
グンナー ブロムデニス サンデル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

この記事を読んだ我が家の会話。

つ「沈む太陽が赤いの青いのってドップラー効果じゃなかったっけ」
ば「違うと思う」
つ「あれー。なんだかで青い光と赤い光とドップラー効果の話を読んだんだけどなー。ほら波長の長いのと短いのとさ。あ。それあれだ星の光の色の話だ」
ば「宇宙が膨張してるって話ね。ドップラー効果は本来そっちの説明のための話なんだよね。救急車じゃなくって」

こんな中途半端な知識の僕らをお救いください。v-353なんで赤いの、青いの?

=つゆ様=

え~、火星の夕日がなぜ青いか、については
散乱(反射のこと)やらなにやら
詳しく説明すると一冊の本になるくらい(ほんとにそういう本がある)なので簡単にお話しますね。

まず、昼間は火星の空は赤っぽいです。
これは、火星の大気が波長の長い赤い光を散乱する性質があるためです。
(ちなみに火星が赤く見えるのは地表が酸化鉄に覆われているため)
で、これが夕日になると、
入射角度が浅くなるので光が大気を通る距離がふえ、赤い光が重点的に散乱しまくって、結果的に青い光が残って青くみえる、という訳です。
ちょうど地球と逆です。

もっと単純に言うと、
「大気の成分のせいでそうなる」ってとこなんですが・・

これらを理解するためには
地球の空がなぜ青なのか、から知る必要があるので
「レイリー散乱」でググってみてください。

光のドップラー効果については、
おっしゃる通り宇宙の話によくでますねー。

これについては、
「赤方偏移」「フラウンホーファー線」
などでググってみてください。
天体と地球との相対距離を算出するのに
使われます。

救急車の話は、
波長の説明をするのに使われる身近なわかりやすい例ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/460-aaf338f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)