三浦虎次郎


HANA・SORAで読むあの人の人生

「三浦虎次郎」









煙も見えず雲もなく

風も起こらず波立たず

鏡のごとき黄海は

曇り初めたり時の間に








「勇敢なる水兵」


皆さま、この歌をご存知でしょうか?







時に明治27年9月17日

日清戦争における黄海海戦激戦のさなか、


1526時、敵艦「鎮遠」の砲弾が

連合艦隊旗艦「松島」左舷前部下甲板に命中します。



この砲弾は、

一瞬にして30名の命を奪い70名を負傷せしめ

「松島」乗員に大きな損害を与えます・・・



sora mumuSORA「日清戦争は、日本が余裕をもって勝利したと誤解がありましゅが・・・」

hana bikkuriHANA「決してそんなことはなかったんぞなもし・・・。」

04SEP08 196HANA「若い命が・・・多く失われたのでしゅよ。。」






この砲撃で、

「松島」に砲員として乗り組んでいた三浦虎次郎海軍三等水兵

腹部に重傷を負ってしまいます。






戦い今かたけなわに 

勉め尽せる丈夫の 

尊き血もて甲板は 

から紅に飾られつ
















腹部をえぐりとられ

内臓は引き千切られ



大量の血液が噴出していた・・・










この時

迫り来る死を目前にしながら



激痛に苦しみながら

三浦はこう叫びました・・・




「マダ沈マズヤ定遠ハ」

(定遠はまだ沈みませんか)




定遠: 清国北洋艦隊旗艦






その時

その場にいた向山副長は



涙を流しながら、

されども勇ましい声で

こう答えます。








「心安カレ定遠ハ、戦ヒ難ク成シ果テキ」

(安心しろ、もはや定遠に戦闘力はない)










そして


副長のその言葉を聞いた


三浦三等水兵は




静かに微笑みながら




息を引き取っていきました・・・・・。












三浦虎次郎、

この時











齢わずか18歳











母国のため


家族のため


戦友のため





最後まで敵艦の動向を気にして

死んでいったこの若者








自分のことよりも

まず公に尽くし




死んでいったこの若者












私たちが18歳の頃、

いったい何をしていたか!?




これほどまでの気高い心を持っていたか!?











答えは断じて否!!















今のこの平和を

当たり前と思っていませんか?



疑問を持ったことすらないのではないですか?










このような無数の尊い犠牲のうえに

今の私たち

そして


今のこの平和があるのです。








そのことは

決して忘れてはいけない・・・






hana bikkuriHANA「先人の皆さま」


04SEP08 196SORA「今のこのぽっくんたちの・・」

hana bikkuriHANA「今のこの花たちの生活があるのは・・・」



hana fumu 04SEP08 196
HANA・SORA「まこと皆さまの尊い犠牲のうえにあるものだと承知しております・・・」



04SEP08 196SORA「ぽっくんたちは・・・」

hana angryHANA「そのことだけは絶対に忘れてはいけない!!」



スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/451-999fd029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

黄海 海流

韓国厳戒、黄海境界線に艦船 PSI参加に北朝鮮反発 ‎10 時間前‎声明で言及された黄海周辺では実際、過去に大規模な交戦が起きており、韓国政府と軍は警戒を強めている。 韓国軍は27日、朝鮮半島西側の黄海上に引かれた軍事境界線といわれ