八甲田山 死の彷徨 その5


八甲田山 死の彷徨





その5







田代温泉はいったいどこなんだ!?




田代温泉に着きさえすれば

目の前にせまった死をまぬがれることが出来る!

地図上ではあとたった1.5キロ先じゃないか!










凍りつく極寒!

暗闇に閉ざされた世界!



迷走を続ける青森五連隊!!










あまりの極寒の為に食料は凍りつき、

暖をとろうにも火もおこせない!







青森第五連隊全員が疲労困憊し、

これ以上の演習続行は不可能な状態でした。






夜中の2時頃、

その状況をみた山田少佐は

これ以上の行軍は不可能と判断し



ここでようやくこの命令を出します。



「訓練中止!帰営!」





しかし、

暗闇の中で闇雲に動けば

現在地すらわからなくなってしまい遭難してしまいます。

コンパスは凍りついて機能しておらず

もはや役にはたちません。

方角もわからない、

目視もきかない、

どこに向かうのかすら

わからない状態なのです。





神田大尉は
当然この命令に反対します。


「雪濠内で吹雪をしのいで
夜明けを待ってから出発すべきです!
今出発してもさらに迷うばかりです!
おやめください!!」



しかし

山田少佐をそれを受け入れません。



「じっとしていれば全員凍死してしまう!
えぇぃ、出発だ!出発っ!!」







神田大尉は

ぐっと唇を噛み締めることしか出来ませんでした・・・







本来の指揮官にもはや指揮権はなく

階級が上というだけの部外者に率いられ




暗闇の中

隊は進軍を開始します・・・










その6に続く

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/440-ee16389a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)