散歩で出会った人たちのお話


パパぞな。
皆さま、前回はパパの趣味にお付き合いいただき
ありがとうございました!
はなそらパパ、感激いたしましたっ!!(>_<)



さて・・
今回は久しぶりにワンコの話題いきたいと思います。

散歩で出会った人たちのことを書いてみます
またお付き合いいただければ
幸いですぞな~




では最初のお話・・・

こないだある公園を散歩してましたら、
前方から5歳くらいの男の子とそのパパさんが
歩いてきました。

ちょっと狭い場所だったので
HANAとSORAはオスワリして待機してたのですが・・

すれ違う時男の子が一言!
「あのイヌ、絵の具がついてる~!」

21JUN08 174


sora mumuSORA「むっ!それは絵の具じゃなくて模様でしゅ!

hana ordinaryHANA「ぷす~!www」



で、

こないだまた
ある公園を歩いていて出会った
このおばさま。

HANAを見ながら
「ちょっと!
キレイよ、あなた!
キレイよ~っ!!」


なんかもう、
声をかけてくださるってレベルじゃなく

ほとんど声援!



HANAは、そういう言葉はよくわかるのか
「フフン?当たり前ぞな?」
みたいな顔して
気取って歩いてたのが笑えましたww


hana face1HANA「フフン!当たり前ぞな!!」



で、それと似たパターンで
お散歩中に出会ったこちらのおばさまは・・

「あなた!
キレイなのっ?!キレイなのっ?!!」


と、
なぜか疑問形で問いかけながら
HANAに近寄ってくるではありませんか!

そして
そのままHANAと、
相撲でいうところのがっぷり四つの体勢になり

「キ~レ~イ~な~の~!!
そうなの~!!!」


と言いながらHANAを
わしゃわしゃモフモフと撫でてくださいました



hana happy
HANA「なんかも~、HANAは世間のアイドルぞな~!」





hana 2HANA「で、SORAは絵の具www」

sora kire XLARGESORA「うるしゃい~!!だまれ、だまれ、だまれ、だまれぇぇぇ~!!」






では
今回紹介する最後のエピソード。


こないだ天城峠に行った時の事。

そこでたまたま出会ったあるおばさまが
SORAをたくさん撫で撫でしてくださった時のお話です。



そのおばさま、

ずっとずっと、もうホントにずっとSORAのことを
撫でてくださっていたのですが・・



そのうち


大粒の涙をこぼして
泣いてしまわれたのです。



聞けば

数ヶ月前に
愛するワンコを亡くしてしまったばかりとのことでした。



涙を流し
SORAを抱きしめながら

おばさまはこう言ってくださいました。

「この子は
なんて優しい表情をしてくれるんだろう・・・」






あの涙でグチャグチャになった、

しかし
とても嬉しそうだったあの表情・・


パパは今でも忘れることができません。





SORAの体温
SORAの優しい表情

そして
おばさまの心の中にある

愛するワンコの想い出
一緒に過ごした日々の記憶


そういったもの全てが
グルグルと回って粘土のように混ざりあい・・

そして
暖かい生きている命のかたちを成す。



おばさまにとって

あの時のSORAは
そういう存在だったのだと思います。






そして

そのSORAという現象は
おばさまの心を過去へと連れてゆき



あの時
確かにおばさまは

亡くなった愛するワンコと抱き合っていたのです







パパはそんなふうに感じたのですが・・

う~ん・・・
何だかうまく言えないや!
(>_<)クヤシイ









sora 2SORA「ぽっくんだって、優しく撫でてもらって嬉しかったでしゅよ~!」

hana face1HANA「そういうSORAだからこそ、おばさまの心にひびく何かがあったんだと思うんぞな。おばさまもそうだけど、天国のワンコもきっとSORAに感謝してると思うぞな?」





sora tangSORA「・・・・・・・・・・・」

sora tangSORA「HANAが真面目な事いうと、なんか変でしゅね・・。」

hana angryHANA「HANAだってたまにはこゆコトも言うんぞな!」













春と修羅 (愛蔵版詩集シリーズ)春と修羅 (愛蔵版詩集シリーズ)
(1999/09)
宮沢 賢治

商品詳細を見る

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

最後のエピソード、同じような経験をしたことがあります~
お客様であるラブの飼い主さんが、ASHを撫で撫でしながら、
「そうなの、そうなの、こんな感じなの・・・」
と言いながら、泣きだしてしまって。。。
数ヶ月前に、ラブと一緒に飼われていたフラットが亡くなられたとのことでした。
その子がASHにそっくりだったらしく、大泣き。。。
それにつられて私も大泣き。。。
泣いてる2人に囲まれて、キョトンとしているASH。。。
みたいな....``r(^^;)

きっとそらちゃんを抱きしめながら、そのおば様はまた愛犬との時間を過ごすことが出来たんでしょうね~
ん~~~いいお話です。

=LICCA様=

LICCA様、こんにちは~!
コメントいただきありがとうございます!

そうですね・・私もそう思うんです。
あの時のおばさま、きっとまた愛犬と一緒だった時間に
もどれたのだと思うのです。。

そして、
それはSORAくんの優しい心があったからこそ
そうなれたのだと思うのです。

過去にはもどることは出来ないって言いますが、
それがそうでもないんですよね!
こうして
心だけでも昔にもどれる一瞬ってあるもんですよね。


ASHちゃんも、
きっとそういう橋渡しをしてくれたのだと思います。

人の心に感ずる何かを
ASHちゃんは持っていらしたのだと思いますよi-236

そらくんへの男の子の一言からはなちゃんのおばさま「キレイ!」2連発のお話で笑わせてもらったら…
最後の天城峠で出会った方のお話はとってもやさしいお話ですね。
優しい時間がそらくんと出会ったおばさまの間に流れていたのでしょうね。

ちなみに私も文学シリーズのファンでございます。

うんうん。
泣いちゃうよね。
そのおばさまはわんちゃんから、たっくさんの大事な思い出もらったんでしょうね。
ナニものにも代えられることのない思い出を。

パパさんの文学的センスの良さに酔いしれながら、フムフムと読み進んいました。
で、最後のエピソードを読み出して、ジーンときました。
その後婦人、そら君を抱きしめながら、愛犬を抱きしめている想いだったのでしょうね。
そら君、いいことしたね~by momo

=もーまま様=

そらってやんちゃだけど、
すごく優しい表情をしてくれるんですよー。
そういうそらの気持ちを感じ取ってくださる方に出会えて、私たちにとってもとても良い体験となりました。

おぉ!文学シリーズ読んでくださってますか!
どうもありがとうございます!
読まれてないかと思っていたので
そう言っていただけると嬉しいです!!
また張り切って書いちゃいますので
お付き合いくださいませ~i-278

=連れ合い様=

はい、私もそう思います。
この方とワンコの間には
きっと素晴らしい時間があったのだと思いました。

そして今も
おばさまの心の中には
たくさんの想い出があるものだと思います。

こういう気持ちや記憶というのは
まさにかけがえのない
心の財産だと思います。

=shio-chan様=

いやぁ、
私は文学的才能など少しもありませんがi-229

しかし、
皆さまに伝えたいことがたくさんあり
貧相なセンスや少ない語彙を
なんとかひっぱりだして
気持ちを込めて書いているつもりですので
何かひびくものがあったとしたら
それはとても光栄でありがたいことです。

momoちゃん、
そらにお言葉ありがとう!!

そら君とおばさまのエピソード・・感動です。
似たような思いを私自身が体験しています。
今は亡き、クロードの妹レバフラ(はなそらちゃんの親戚)に良く似た子と出会った事がありました。。
ナデナデしているうちに勝手に涙がでて止まらない・・
出身を聞いたら同じ犬舎でした。。
そして、、これも縁なのかサンゴが生まれ変わりのように
似てるんです♪

花ちゃんのキレイ~
女性だったら最高の褒め言葉♪
ワンコも褒められてる言葉って分かってるんですよね~e-454
そら君はすんごく繊細で優しい子なんですね。

★そら君は、元気印いっぱいの子だけど、とっても穏やかな表情をしてますよね。
だから、そのおばさまも、我が子を思い出して涙したのだと思います。
私は、人間の子も犬も同じで飼い主に「かわいい、かわいい」って言われて育った子はホントに、優しい可愛い子になる!!と思って今まで保育園でも仕事をしてきました。

お散歩で会うワンちゃんでも、みんながみんな良いお顔をしている子ばかりじゃないですよね。

そのおばさま・・・そら君をナデナデして、とても幸せだったのだと思います。

ギャハハ
あるある
うるうる

本日の感想でございます(^^;
ワンコと歩いていると、思わぬ出会いがありますよねー

=くろりん様=

あぁ、くろりん様にも同じような体験が。。
そういうこと全てが縁なのでしょうね。
きっと、偶然ではなく
なにかの運命があったのだと思います。

そのレバフラの子に出会ったのも
サンゴちゃんが来てくれたのも。

ウチに花そらが来てくれたのと
同じように・・i-278

はじめの3つの話にグフグフ笑いながら読んでたら、
最後の話で泣けちゃったじゃないですか~もう!
はなそらパパったら詩人~。

そっくんの優しい表情を通して、おばさまにははっきり愛犬の姿が見えた・・・
うぇ~ん(>_<)いいお話です~。

=ディキシーママ様=

そうですね、本当にそう思います。
かわいがって育ててあげたら
その幸せの心が顔にでますもの。

そらとおばさまの間には
あの時とても特別な空間が
存在していたように感じました。

うまく言えませんが、
それを見ていて胸がいっぱいになってしまいました。

亡くなったワンコは、
きっとすごく愛されていたのが
見ていてすごくわかりました。
それだけに、
辛いものがありました。

=ジュリーママ様=

そうですね、お散歩していると
本当にたくさんの人と出会うことができます。

そして、
花とそらが私たちだけでなく、
たくさんの人たちを幸せな気分にしてくれていることに
幸せを感じます。。

=ぷりりん様=

あ、ウケたようでi-278
私も、そらの「絵の具」には笑ってしまいました(笑
男の子のパパさんは困ったような苦笑いをしてらっしゃいましたが、ははは。

あのおばさま、
きっとすごく苦しんでこられたのだと思うのです。
その中でそらと出会い、そしてそらから何かを感じ取ってくださった。。

苦しい心を救うことは出来ないけども、
でもほんの少しの瞬間でも
それを癒してあげることはできるはず。
そら君がしてくれたのは、
そういう愛情の姿だった、と
パパはそう思いました。

あの方が
早く元気になられる日がくるといいなぁ~・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/410-391c2ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)