FC2ブログ

オススメの一冊!


ママです。

そらのカウンセリングでお世話になっている先生が本を出版され、先週末その記念パーティにつゆさんとおじゃましてきやした。 先生に久しぶりにお会いできて嬉しかった♪去年の11月に受けたカウンセリング以来なのだ。

いやー、現地集合だったんだけど、会場でつゆさん私の視界の中にいたのにしばらく気が付かなくって(^^ゞ 

長いことお会いしてなかったからってのもあるんだけど、会うときはドッグランとかで犬連れで会うから、どんなに汚れてもかまわない服装で会うじゃないですか。 だからお互いほんの少しでもドレスアップした日にゃ 「つゆさん?え、違っ??」 「はなそらママ?え?」みたいな(*^m^*) でもやっぱり相変わらず美肌&キレイな笑顔が羨ましいつゆさんなのでした。


さて、本題の先生の本はこちら↓
叱らない、叩かない 愛犬の困った行動を解決する「言葉」の処方箋叱らない、叩かない 愛犬の困った行動を解決する「言葉」の処方箋
(2008/08/12)
佐藤 真奈美

商品詳細を見る

いわゆるテクニカルなしつけ本ではありません。 愛犬とのトラブルを克服するために「コントロール」するのではなく、まずその子の目線、立場で考え、「言葉」で飼い主の気持ちを伝えたり安心させ、お互いの信頼関係を築くことで、トラブル解決に繋げてこられた先生の数多くのカウンセリング例がまとめられた本です。つゆさん家のきな子嬢の事例も載ってます。 


愛犬とより良い関係を築いていくための手助けをしてくれる、そんな一冊。 佐藤先生はカウンセリングで、まず犬に言葉をかけて自分の気持ちを伝えることをとても大切にされています。 


犬と暮らしたことのない人が聞いたら、いや犬飼いでも人によっては「はぁ?」な反応が返ってくるかもね。 現に1年半前、外に出るたびにパニック状態に陥っていた我が家のそらに「何があってもあなたのことは私が守るから!」と言い聞かせてた現場に通りかかった何人の人たちにドン引きされたことか(((爆 

まぁそれは置いといて。 


犬は時に人が思っている以上に、人の言葉を理解していたりしますよね。 

そらは最初の家庭では外飼いで、飼い主とのコンタクトもほとんどなかったと考えられる保護犬です。この時はもちろん、あまり人の言葉を理解するチャンスはなかったでしょう。 一昨年の暮れ、我が家に迎え入れた頃(きっとレスキューして下さったrodemさん家でもそうしてたと思いますが)、そらは懸命にワタシ達(パパママ)の会話に聞き入っていました。 人の会話が新鮮に感じられたのもあるでしょうけど、この家に馴染むのに彼なりに必死で努力してくれていたのを痛いほど感じたのを今でもよく覚えています。 

で。どーしてこうも話が脱線してしまうのだアタシゃ。


本題に戻りましっ!

留守番編、トイレ編、吠える編(あいたたた)など、トラブル&解決例が幅広くカバーされてるので、一緒に暮らすワンコとの間に問題が生じた時、どんなケースでも解決のヒントを与えてくれそう。「うちはもうコミュニケーションばっちり、問題なしよ!」と思われる人でも、新たな発見があるんじゃないかな。つゆさんもブログで仰ってたけど、ワタシも同感です(かぶっちゃってゴメンね)。


ワタシ自身、この本を読んで、一つトラブル解決につながりつつある事があります。 

以前何度かそらの威嚇吠えに関する日記をアップしたことがありましたが、それ以外にも「吠え」の問題があって。 以前は威嚇吠えの解消でいっぱいいっぱいだったので、こっちは当時あまり気にならなかったんですが(カウンセリングの時にも先生に相談するの忘れてたくらい)。 

ワタシがキッチンで料理を始めると、まー吠えまくるんです我が家の坊ちゃま。吠える声で食器棚の食器が共鳴するくらい、半端なくデカイので頭に響くし。 「なんか食いモンよこさんかい!」な要求吠えです。要求吠えは徹底して無視!を続けてきましたが一向に効果はありませんでした。「まぁ家の中で吠える分にはいっか」なんても思っていたので、この辺の甘甘な態度を見透かされてもいたんでしょうw 

でもこの本にヒントもらっちゃった。 そらはいつもワタシが料理を始めて2,3秒後に吠え出すんだけど、逆にこの2,3秒間吠えないでいたことを誉めてあげることから始めてみたらどうかと思って。 まず、キッチンに入る前に、どうして吠えないでいて欲しいのかをそらに話す。そして料理開始。やっぱりいつもの様に最初2秒間くらいは黙っていたので、ここですかさず誉めたげた。 「あ!吠えないでいられたね~!スゴイじゃん、ありがと~!!!」 ワタシの嬉しい気持ちを伝えたら、そらがすんごくプラウドな顔して。 14SEP08-2 174
こんな顔。 

なんとその日は料理中ずーっと静かにしていてくれました。 この方法を始めて4日目に入りますが昨日までは全く吠えずに静かに待っていられました。今日は吠えちゃったけど、以前のように吠えっぱなしではありません。これでいけそうかも♪

そらは誉められるということにすご~く敏感な子なので、なんでこのアプローチをもっと早くに思いつかなかったのか、自分の頭の固さに反省しきりです。


犬はここまで人間の言葉を理解してくれてるのに、ワタシはどこまで花そらを理解してあげてるんだろね。目や仕草でいろんなことを伝えてくれるけど、キミらともっと深い会話がしてみたいよ。
スポンサーサイト



| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

v-218はなそらママぁ・・・
私、なんだか、涙が出てきちゃったです・・・。
そっ君の今までの事も、ブログで知っていたけど、
初めてはなそら家に来て、人間の会話という物を知って・・・一生懸命理解しようとしている姿を想像しただけで、ダメだよー(泣)
なんで、犬って、こんなにけな気なんだろう・・・。
だから、絶対幸せにならなきゃいけないんだよね!!

私も犬飼いで、次から次へと悩みが出てくるので、
「ウチは悩みないです」っていう人もたまにいるけど(いるのかな??)犬と暮らしている以上、いつも勉強なんだなーって思います。

ディキシーは、気配に吠えます。
今まではエアコン入れてたから、そんなに外の音にも気付かなかったのですが、エアコンのない時期は、外の物音に吠えるんですよね。
私もそんな時は、そばに呼んで、そばに来た事を褒めるようにしました。
吠えた事を怒るより、呼んだら来た事を褒めるようにしています。
時間はかかるけど、その子にあった対応で地道にやっていくしかないのでしょうけど、基本は「褒める」ですよね。

この本・・・ポチってしちゃいまーす!!

ごめ~ん!泣かす文章にするつもりはなかったんだけど(〃゚д゚;A アセアセ・・・
そらが家に来たばかりの頃はかわいそうで、胸を痛めることが多かったですが、今はブログの通りやんちゃな暴れん坊将軍です(*^m^*) そうなの、絶対に幸せにしてあげなきゃって思うよ。 

一つ悩みが解決するとまた別の課題が。。。って、ワンコとの生活って一生勉強なんだよねきっと。 ディキちゃんのこと叱らずに誉めてあげるママって素敵だな。うちのそらも警戒吠えもあるんだ。そういう時はガツンと叱らなきゃ!って言う人もいるんだけど、そういうやり方ってフラットのいいトコ失くしちゃうような気もするし、そらのバックグラウンドを考えると叱ってしつける方法なんて論外。犬種に関わらず叱っても仕方ないじゃん?とも思っちゃうの。 誉めることで遠回りでも解決につながっていくなら、その方がいいよね!

そんなDJママにはこの本ぜーったいにオススメよ♪ きっと新しい発見があると思う。是非読んでみて!

なんとなく気になっていた本です。読んでみようっと。
そら君、そこまで言葉を感じてくれるんですね。
とってもいい子ですね。
いや、犬は元々みんないい子なんですよね。

...隣の車の帰宅に吠え出したジュリーに苦笑しつつ(^^;

あーそれうちの坊ちゃまもやりますよ!って、考えたら一日中吠えっぱなしだ、うちの子ってば((((^_^;)

そうなんですよね、犬はみんな元々いい子。人間がいかにそのよさを理解しリードしていってあげるかが鍵なんですよねきっと。

ジュリーママさんは既にこの本チェックされてたんですねーさすが! オススメですよ、読んでみてください。最後は泣けちゃうかも(←実際泣いたワタクシww


あっ この本必見ね。
本屋さんでさがしてみよっと。
実はね、うち 話しかけて納得させる派なのよ。
もちろん 無視や 怒ったりチョークのショックもかけるわよ。
でもね アロマが小さいときお留守番が出来なくて帰ってみると家の中ドロボーが入ったかと思うくらいメチャクチャ。
でもね いろんな本にはそぉ~っと出て行くなんてかいてあるじゃない。
でもうちはそれをやめて話しかけてからいくようにしたのよ。
「おかぁさん 今から出かけてくるけどすぐ帰ってくるから ちゃんとお留守番しててね。 いい子にしてるんだよ」って。
そしたら なんと いきなりお留守番できるようになったの。
それ以来なんでも言って聞かせるようにした。
犬にはこんこんと話しても理解できないってよく書いてる本見るけど ウチの子は話してあげないとダメだって、我が家なりの方針でやってきたのよ。
まだ この本の内容知らないから わからないけど 今まで自分が手探りでやってきたことが 肯定されたようなきがして とってもうれしい。
絶対買うわ~~~ この本!!
いい情報ありがとね♪

先日はどうも~!^0^
>美肌&キレイな笑顔
まぁ~、美人の誉れ高いママさんにそんなこと言ってもらっちゃぁ何か貢がなければなりますまいw
とゆーか、肌がきれいになってきたのは、はなそらママちゃま製せっけんのおかげが大きいのよ。5歳は違ってるからね!!
そらくんの笑顔かわいいなぁ~。
ほんと、パパママはなちゃんがメロメロになるのもわかるよねぇ。
先生にお会いして、この本読んで、相手の気持ちを推し量って、自分の気持ちを言葉で伝えることの大事さがわかるよねぇ。本当にステキな先生をご紹介いただいてありがとう。
しちゃいけないことを教えることも大事だけど、こういうふうにしたらもっといいよ!ってことを教えられるっていうのは本当にステキだよね。

「不安になるといけないので話しかけない」とか、
よく言いますよね。。。逆なのに。

うちもかつて、ハードなカウンセリング(苦笑)で
るいと話し合いましたから。。。。

その時、一番驚いたのが、クルマでずっと
ジッとしていられなかったるいが、
『それは車に乗ってるパパママも危ないし
なによりも、るい自身が危ないからやめようよ』って
先生に諭してもらったんですよ。(^_^;);;;

そしたらアラびっくり、そのカウンセリングの帰路は
前のようにダッシュボードに乗り上げちゃうような
勢いは、自粛してました。
イヌにもよるだろうけど、るいの場合はワタシや
連れ合いじゃダメで、第三者に介入してもらって
話し合ったことがヨカッタようです。

なんせ当初、わたしなんて、
「かーさんは、重い。。。」って言われてたから。(苦笑
気負い過ぎて負担に思われてました。はい。

アロママさん☆
おおーっ、アロママも離しかける派なのねっ!しかも手探りでお留守番問題を解決しちゃったなんてスゴイ♪

やっぱり話しかけてあげることで解決できることって多いんだね。ワンコが気づかないうちに家を出て行くって方法、確かによく聞くけど、それじゃぁママがいなくなったって気づいた瞬間にパニくるよねぇ。アロマ君とそっくりなケースが佐藤先生の本にも書いてあったよ。 まさにアロママのやり方を肯定してくれる本だよ。読んでみてー(^.^)

つゆさん☆
先日はお疲れさまでしたー♪ 
わたしゃつゆさんせっけんのおかげでお肌が乾燥知らずになったわよ(^.^)  先生を紹介しただなんて、つゆさんと先生はもともとこーゆーご縁があったんですよ。 でもつゆさんがそんな風に言ってくれてるおかげでパーティも招待してもらえたんだと思う。ありがとうね! 

>こういうふうにしたらもっといいよ!
だねだね~、そう伝えてあげることが増えていくように言葉の伝え方も工夫していこっ。

21日楽しみにしてま~す♪

micaさん☆
話し方に注意すれば、言葉はワンコを不安にするものでは決してないですよね。 

るい君、ダッシュボードに乗り上げてたんですか((((^_^;) でもこれも言葉で解決しちゃったんだ。第三者が話すことを必要とするケースもあるんですねー勉強になるなぁ。 

>「かーさんは、重い。。。」って言われてたから

こないだその話、つゆさんから聞いてコケそうになりましたよ(;^_^A 私もそらにそう思われてた時期があったかも。
だって保護犬迎え入れるのって結構いろんな覚悟決めるじゃないですか。保護されるまでに受けた境遇と新しい環境のギャップに苦しんでいる姿なんか見ると一日も早くなんとかしてあげたくなるし。特にるい君のように特殊なケースは。。。

でもそんなかーさんの想いがあったから、今のるい君がいるんですよね。ホントmicaさん&連れ合いさんだからこそ、るい君を迎え入れることが出来た子だなーといつも思います。




ママさんおひさです~~

問題行動。。ウチにもたくさんあるんだな~これが。。
話しかけること大事なんですね。
ここんとこ忙しくマイルの視線を感じながらも話かけてなかったかも。。
家ではいいこでもランでは変貌して全く言うこと聞かないマイルです。
問題行動だらけ・・・
いい本を教えていただきました。
さっそく探してみようかな。。

ひゃくまいるさん、お久です(^.^)  

うちは、そらの問題は先生のご指導でまず言葉で安心させることに重点を置いてきましたが、おかげで随分と落ち着いてくれましたよ~。まだまだ課題はてんこ盛りですが(>_<)

マイルくんがランで問題行動なんて想像つきませんね。以前一緒に遊んでもらった時もいい子にしてたし。でも何か原因があるんですよね。それが分かってあげられればいいんですけど、なかなか難しかったりもしますよねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/348-0c5be037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)