FC2ブログ

歯科医院にて


私は歯医者さんにかかるのが大の苦手だ。
あの恐怖と緊張は正に日常の中の非日常と云える。
いつ、突然の鋭い痛みに襲われるかと戦々恐々、
恐れおののきながら、身を固くしている。

しかし、私のかかりつけの医師は大変に腕利きで
痛みなどは注射を除いてほとんどないに等しい。
実際のところ、痛いと思ったことは一度もないはずだ。
つまり、私はありもしない幻想に恐怖している訳なのだが、
それはわかっているのだが、矢張り怖いものは怖い。

治療を受ける時にいつも思い出すのが関羽の逸話だ。
関羽は、毒矢を腕にうけた為に骨を削る手術を受けたが、
その際、酒を飲みながら碁をうっていたというのだ。

ほれ、と差し出した腕を医師が切開して骨を削る。
関羽は意にも介さず碁を打っている。
彼の凄まじい精神力と豪胆さを表す名場面だ。
関帝は最早神格化されているので、
こういったエピソードには枚挙が暇がない。

私は学者ではないので正史だ演義だ、事実だ創作だなんて
まったく関係ない。
信じたいものだけを信じるし、
こうであって欲しいと思うことだけを信じて人生の手本とする。
関羽をはじめとして、中国の英雄からは学ぶことが多い。
常に人生の手本と出来るように努力しているつもりだ。
しかし、歯科医院での冷静な振る舞いだけは出来そうにない。



読んでくださった方、ありがとうございます。




スポンサーサイト



| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/2044-476fba2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)