FC2ブログ

新九郎、真っ赤な薔薇にしどろもどろする


(前回までのあらすじ)
お世話になった方の退職に際し、
花束を贈ろうと画策した我らが新九郎君。
花屋さんが満面の笑顔で渡してくれた
その一束は。…


花束作成には時間を要するので
その間に昼食をすませてきた新九郎君。
驚きの花束と対面します。
なんと、男性にあげるのだと先に云っておいたのに、
出来上がったものは見事なほどに真っ赤で
燃えあがるような薔薇の花束。
いくら無粋な新九郎君でも、
赤い薔薇に
情熱的な愛だか何だかの意味があることくらいは知っています。
一大事です。

うっと後ずさりするその姿を敏感に捉え、
花屋さんが猛烈に畳みかけます。

「いいのよ、この花は~!
サムライっていう名前の品種なんだけどね、
ほら!見て、ここ!
咲き方が素敵でしょう~!
男の人が相手でも、いいのよ、
名前がサムライなんだから!
サムライよ、サムライ!
良かったわね~!」

新九郎君によるこの再現は
少々大げさという疑いを拭いきれませんが、
まぁ、こんなカンジで相手が男の人でも大丈夫、と、
複数回にわたって説明してくれたのだとか。
その根拠が、名前がサムライ、しかないのですが、
何しろ専門家が云うことですから間違いないはずです。
しかし新九郎君が
心から納得したわけではないのがわかります。

ともあれ、とにかく昼休みという時間制限もあるので
新九郎君は一路、Tさんの職場へ向かいました。
コンコン、とノックして挨拶をし、
はいと手渡す情熱的な赤い薔薇、サムライ。…

勿論、Tさんのリアクションは先ずビックリした様子で、
あれっ!?という表情に、
「こ、これ、新九郎君が買ってくれたんですか?」
と、微かに笑っているような困っているような
複雑な表情が先ず浮かび、それからすぐにハッとして
「いやありがとう! 綺麗ですね!ありがとう!」
礼を失しないように取り繕ってはくれたそうですが、
やはり若干の怪しい緊張が見られたとのこと。

新九郎君もなんだかもう、
必死に花屋さんの説明を再現して
「なにしろ名前がサムライですから大丈夫です!」
と、汗をかきかき釈明しますが、
どうにも困ってしまったとのことでした。

…と、まぁ、
こんな事は別れの一場面に於いては
些細なことでしかないので、
これ以外は思い出話で盛り上がったりと
気持ちの良い別れになったそうですが、
何しろおっちょこちょいな新九郎君らしい
愉快なエピソードでしたので紹介してみたという次第です。

今日も彼は私の生活にスパイスを添えてくれます。




読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト



| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/2033-1120f411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)