FC2ブログ

気配


花とそらが亡くなってからの後、
暫くの間、確かにあの子たちの気配を感じていた。
それは明らかな現実的気配で、
決して錯覚や勘違いとは異なる確かな何か。
生活のなかの当たり前の感覚を
当然の如くに感じていたのだ。

トットットット、と、こまかい小走りで
誰かがリビングに入ってくる。
おや?と振り向いても誰もいない。
今の歩調はそらか? 
どさっ、と誰かがマットに寝転ぶ。
続いて、ふ~っと吐く息。
花かな?
こういったことが頻繁だった。

しかし、魂にも滞在の期間があると見えて
こういったことは段々となくなってゆき、
今ではもうほとんど・・・ 
しかも、薄っすらとしか感じなくなってしまった。

成仏という言葉がある。
亡くなった者が遺された者を見守り続け、
もう大丈夫だろう、と判断したら天に帰ってゆく。
これを成仏と私は考える。
気配が消えてゆくのはこの為だ。

しかし時々、
私たちの様子を見にやってきてくれる。

こっそり。

こっそりと。


読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト



| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/2031-7f108390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)