FC2ブログ

修理


自転車が壊れた。
ブレーキの調子が頗る悪くなって、
ギュッとレバーを絞ると、まぁ、効くには効くのだが、
ガツンという衝撃とガガガガという不快な音を伴うので
まともに機能しているとは言い難く、
とにかく安全に関わることなので
時間を作って自転車さんへ向かった。

驚くべき診断。
なんと、ブレーキシューなる、所謂ゴムパッドが
完全に消滅していて、その為に露出した車輪を挟み込む部品の
金属部が車輪と直接接触していたというのだ。
ガツンという衝撃と不快な音の原因が判明した。
更に、ブレーキの度に車輪を削っていたので
タイヤの内圧で車輪そのものが破裂する恐れがあるという。
事故はいつ発生してもおかしくない状況だったそうだ。

この驚くべき事実に私は恐怖し
早速修理を依頼した訳であるが、
様々な合わせるとなんと総額3万円オーバー。
少し足せば新車が買える。

自転車は消耗品であるので、
今後も考えると効率的には新車の購入が正しい。
店員さんも、それとなくアドバイスを下さる。
しかしである。
この事態、というより失態の原因はなんであるか?
私の無知と不注意と、怠慢、粗忽、
迂闊さと緊張感の欠如が招いたことではないか!

それなのに、金銭の効率を考えて、
まるで使い捨ての道具のように相棒を捨てることが出来ようか?
赤兎、などと名付けて、まるで馬の首を撫でるように
フレームを撫でながら乗っていた自転車を
はい用済み、と買い替えることが出来ようか?
そもそも、この失態は全面的に自分に原因があるのだから、
多少なりとも人の心があれば、そんなことなど出来るはずがない。

直してやらねばならぬ。

修理を依頼し、赤兎を預け、その日は帰宅した。
早く元気になって帰ってきてくれ。
これからはブレーキのこともちゃんと勉強し、
ブレーキパッドの減り具合もしっかり観察して、
注意しながら乗ることにするから、
早く元気になって帰ってきてくれ。
詫びる気持ちと後悔の気持ちと自分への苛立ちの帰宅路、
生暖かい空気の壁は
まるで水中であるかのように私の前進を阻み、
時折ぱらつく雨に濡れ、
進んでも進んでも
一向に家には行きつかないように錯覚しながら
見上げた先は厚い曇天。
私の気分そのものであった。


さて、それから四日ほどして、修理完了の連絡があった。
すぐに飛び出して迎えにゆき、
快調になった赤兎と対面した。
ブレーキはもとよりなんだか全ての調子がいい。
ペダルへの踏み込みが
タイヤを通してしっかりと地面にグリップするのがわかる。
キュっと効くブレーキの反応が心地よい。
車体が軽い。
爽やかな夏の夕暮れに
私たちは風となって帰宅の途についた。








hana fumu 花「なんか、いい話っぽくまとめてるけど・・・」

sora tang2 そら「「まとめてるでしゅけど・・・」

hana face1 花「もちょっと労わってやらんといかんがなもし・・。」

26MAY10S.jpg そら「パパしゃんの無知!粗忽!ラッパ!へちま!」


反省してます~!







読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト



| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/2028-30144746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)