FC2ブログ

全日教養


松下幸之助に、
「一日休養、一日教養」という言葉がある。

週二日の休みのうち、
休養は必要なので一日は休むとして、だが然し!
もう一日はせっかくフリーの時間なんだから、
自分を磨くのにあてようではないか、トいった、
叱咤激励の言葉だったように思う。
(面倒なので詳しくは調べない)

然しこれは、二日間という自由の時間を
半分は甘く、半分は厳しく過ごそうという
万人向けの努力のススメ、といった印象で、
正直いって甘い。

甘いというのは蔑みの言葉ではなく、
半分の努力が出来る人間はもう半分も必ず出来る、という、
要するに、もったいないという点を指摘したく
敢えて厳しい言葉を選んだつもりなのだが、
それならそれで、気取らずにそう云えば余計な誤解も生じないのだから、
ここが私の大いに反省すべき点だ。
…などと、いつも通りに話が本筋から逸れている。

それにしても恐るべきは、
こういう言葉の言い出しっぺ本人は、まず間違いなく
2日の教養では満足していないということだ。
万人に無理のない努力を勧める為に
敢えて甘い提案をしているけども、
こういう人は休日の2日を全力で「教養」しているはずだ。

しかも、残りの5日に於いても、
例の「隙はなくとも隙あらば」を実践しているのではないか、と思う。
忙しい仕事の合間にちょっとした隙間をみつけて
1分でも3分でも抜け目なく勉強する、というあれだ。

こういったことは既に習慣化されているので、
本人にしてみれば当たり前のことすぎて
敢えて特筆もしない。
毎日の生活態度の基礎に、既に努力が組み込まれている。
休日の過ごし方も、推して知るべしなのだ。

まず間違いなく、なんて書いちゃったけども、
まぁ、完全な当て推量であります。
然し、偉人に夢を見てそれを無邪気に目指すことが出来るのは、
一般人の特権ともいえますので、
ここは大目に見ていただきましょう。
私も又、全日教養を目指す使徒の一人であります。



読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト



| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/2027-95e7075c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)