FC2ブログ

懸命の不格好


ボクシングの練習というのは元々過酷なものであるが、
特にこの暑い季節は輪をかけて苦しいものとなり、
練習のレベルを思わず落としそうになるのも人情であるけども、
そこをぐっと堪えて、否、より一層スピードを上げて取り組むところに
努力、研鑽の尊さがあるのだと思う。
練習の後で思い起こし、あの時自分に負けないでよかった!などと、
ぐっと胸をはれば今日もビイルがより一層の旨さだ。
努力とは人生の充実、幸田露伴はあらゆる場面で正しい。

さて、その苦しい練習をこなすには
ある程度、自分を捨てなければならない。
どこかで他人の目を気にしていたのでは
なりふり構わない努力など出来ない。
必死の形相、ぶかっこうな動き、
それを笑わば笑えばよい、
私はキミ達を置いて行こう。
捨て身の研鑽なくして先へは進めない。

私の同志の話をしよう。

その男は元々が不器用で、運動神経などゼロに等しい。
身体も弱く、小さいころからすぐに風邪をひいた。
色白で、例えて言うと、ガリガリに痩せたナマコのような外見だ。
フィジカルの能力は絶望的。

しかしその男は努力の出来る天才だった。
とにかく云われたことをやる、やろうとする。
出来なくてもやる、途中でやめない。
少し足りないんじゃないかと心配になる頭なのだが、
単純なだけに、サボったり手を抜いたり
誤魔化したりといった発想が先ずない。

この男が云われた通り、最も過酷といわれる
手を止めない連打の練習をする。
ただでさえ過酷な特別な練習方法で、
これを続けられる強者は稀な訳だが、
それをこの男がやる。

打って打って、打ち続ける。
動かない体を無理に動かそうというのだから、
スタミナの練習はとにかく過酷だ。
気を抜けばすぐに体は休もうとするので
精神の緊張を一瞬も緩めず、
ある種の発狂の状態を保たねばならない。
これをこの男がやろうとするのだ。

懸命に打ち続ける。
最初のうちはそこそこに動ける。
しかし、ただでさえ苦しい練習でこの暑さだ。
スタミナが切れてからは
その挙動はとたんに不格好になり、
とにかく、動かない体を無理に動かすのだから
正直、目を覆いたくなるほどの無様な動きになる。
歪んだ顔は汗とヨダレで増々醜悪になって、
意識は半分とんだ状態なので少し失禁もしている。
本人が大真面目に真剣なだけに、
苦しみに喘ぐ声と、溺死寸前のような動きが
その姿をより一層滑稽にしてしまう。
しかしながら、
私は常々彼の懸命の姿は美しいと考えていたし、
周囲も華麗に緊張して彼を見守るのが常となっているのだが、
ある時、これを笑う者がいた。

「君らにこの努力ができるのか?」
とっさに問うた者があった。
「出来るわけないよな。 じゃあ、笑う資格はないぞ。」

質問者は続ける。
「しかし、笑ってしまったからには、同じことをする義務が生じたぞ。
おまえら、やんない限りは今日は帰れないからな!」

私の言いたかったことを的確に言い放ってくれたこの彼もまた、
努力の人であるが故に努力の尊さを笑う者を許せなかったに違いない。




読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト



| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/2026-a68402a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)