FC2ブログ

ひまわり DEC18



前回の話にちょっとだけでた、
映画「ひまわり」。
戦死したと伝えられた恋人を探し、
遠いロシアの地へ旅する悲しい女性の物語だ。

鑑賞したのは最早30年以上前であり、
懐かしさもあって、ふと、DVDを購入してみた。
そして驚いた。

長年の間になんと、私の心のなかで、
内容がすっかり改変され、アレンジがかかり、
もう完全に違う映画になってしまっていたのだ。

そもそも、私の中のソフィア・ローレンは、
可憐でおとなしく、日本的なか弱い、
おくゆかしい女性であったはずなのに、どうも違う。
本編に於いては
役所で係員を怒鳴りつけるほどの
豪快な女傑であって、しかも、
なかなかに開放的で、
離れ離れになる恋人との出会いも、
なんだかビーチで出会ってそのまま懇ろ、といった流れで
その後の別れに、いまひとつ、こう、同情出来ない。
もっと歴史ある、
時間を積み重ねたカップルだった気がしたのだが、
どうも、まぁ、違っていた。

こんな調子で、終始、記憶とは悉く
異なった展開が続いていって、驚いてしまった。

そして、最大の問題点はラストだ。
私の知る「ひまわり」は、
最後に傷心のソフィア・ローレンが
汽車からふと見た窓の外には、
美しひまわりの畑が一面に広がっていて、
そのまま幕を閉じる感動のラスト・・・ のハズだった。
ところが、その後、蛇足とも思えるエピソードが延々と続き、
なんだか正直、美しく簡潔に終わらなかった印象だ。

とにかく、驚いたのは自分自身の記憶のねつ造だ。
どうも、あのポスターの印象から
自分の理想のストーリーを長年にかけてでっちあげ、
熟成し、本物と疑わないほどに信じ込んでいたらしい。
本当はこうだったけど、こうであって欲しかった、という
願望もあったのかも知れない。

私バージョンのラストシーンでは、
ひまわり畑から段々とカメラが引いていって
広大なロシアの大地を映し出し、暗転したところで、
Fin の文字が筆記で記される細部まで記憶にあるのだから
もう、呆れるばかりである。
因みに、後にDVDを見直した時の記憶でさえ、
実はもう10年くらい前になるのでかなり怪しいという始末だ。

「ひまわり」は、私の心の中の、
素晴らしき映画トップ10の上位にランクされている。

にも関わらず、
私はオリジナルの「ひまわり」からは
緩やかに目を反らし、
このまま自分バージョンに
こだわり続けてゆくのだろうが、
これも、まぁ、ひとつの楽しみ方。






読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1999-00f7f789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)