FC2ブログ

模試と禅


さて、試験が近いので
休日は模試を繰り返している。

私の休日は回復の為ではなく
進歩の為にあり、
本番の試験も日曜日なので
休日の度に艱難辛苦の喜びに
武者震いを繰り返しているという
変人っぷりだが、
これはこれで楽しい人生だ。

模試に要する時間は二時間。
体調が良ければすんなりいくのだろうが、
休日の私はたいてい前夜の飲み疲れがあり
いつも途中でダレる。
集中力が切れる。
進歩の為の休日はどうした、と、
喝をいれながらの模試になる。

こんな時にいつも思うのが、
もっと禅をやっていればよかった、という反省だ。

びっしりと文字で覆われた頁を見るたび、
正直、うんざりする。
投げ出したくなる。
何か理由をこしらえて中断したくなる。
しかし、続けるか投げ出すかの
この分岐点で将来が決まるので
やめるわけにはいかない。
そこで続けるは続けるのだが、
だからといって精神的苦痛は依然として残る。
気づくのだが、この苦痛が、
なんと、
禅の途中で生じる苦痛と同じものなのだ。

上手く言い表せないが
自由に跳ねようとする巨大なバネを
抑え込もうとする歪みから生ずる
居心地の悪い違和感。

ちょっと気を抜くと
あっという間にあらぬ方向へ飛んで行ってしまうであろう
危険な可能性をひめたエネルギーに対する焦燥感。
このバネを自由に解き放ってはならないという緊張。
同時に、自由への渇望。

なんだかダラダラ書いてしまったが、
要は、我慢しながら何かを継続、
しかも集中して行うことの苦痛、といったところか。

なるほど。
これは、禅も模試も同じだ。
やはり、勉強の合間の生活の中に、
もっと時間を作って座らなければならない。
それがきっと、勉強に限らず
他のことにも繋がってゆくはずだ。




読んでくださった方、ありがとうございます。

スポンサーサイト



| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1997-38ed93df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)