FC2ブログ

写経 後半


さぁ、いよいよ後半である。
前半は文字の大きさの調整に難儀した。
後半は前の行と見比べながらなので
文字のサイズには微調整がきいてくる。
上から下まで(ほぼ)同じサイズの文字が
(だいたい)整然と並び、
一行に(概ね)美しくおさまっている。
この時点で最大の問題は解決している。
(かのように見えなくもない)

さて後半。
後半は後半で実は深刻な問題がある。
苦手な漢字が集中しているのだ。
「夢」「呪」「等」「能」
これらはいずれもバランスが難しい。
「密」「羅」などはバランスが取りやすく、
悪筆の私でもそれなりの見栄えなのだが、
先に挙げた漢字はバランスを取るのが極めて困難で
複雑で厄介だ。
もう、どう練習しても、ダメだ。
そういえば、前半で頻出する
「苦」「菩」などの、ひし形に収める漢字も苦手だ。
結局、どこへいっても苦手な漢字があるようだ。

こうして最後の真言、
羯諦羯諦~にはいってゆくのだが、
このころはもうふっきれていて
字体やバランスにはこだわらなくなる。
のびのびを書けているのが自分でもわかり、
文字も悠々ハツラツとし、楽しい気分にさえなる。
自然、止めや払いに余計な力も入らず
結果として、なんだかそれっぽく見える出来になる。
真言は、書くのもリズミカルだ。

こうして私の写経は出来上がる。

供養のためにはじめたものであるが、
ただ続けることが今では楽しくなってきた。



読んでくださった方、ありがとうございます。





スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1994-0b940b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)