FC2ブログ

写経 前半


写経が上手くいかない。
既に500枚近く書いてきたのだが、
未だに
字の大きさがうまくいかない。

一行の文字数は決まっている。
きっちり17文字だ。
行の最初から始めて
きっちり17文字。
最後の文字の下に隙間が出来てはならない。
また、スペースが足りなくなって
最後の3文字などが極端に小さくなってもならない。
同じ大きさで同じ間隔、整然としていなければならぬ。

然し、である。
先にも述べたがこれには相当の修練を要するようで、
私などは500枚近くも書き上げていならがら
未だに文字のサイズ調整に難儀している。
最初の一行など、常に、いつも、年がら年中、
開けても暮れても、絶対に何故か、
スペースが足りなくなる。

気が付いた時にはどん詰まりが目前なので、
畢竟、最後の3文字は極端に小さくなる。
バランスが悪いし、何より美しくない。
稚拙で未熟、
他愛もない子供っぽさだ。

二行目にすすむ。
一行目を見ながら、今度は文字を若干小さくする。
一行目の最後にスペースが足りなくなった反省を踏まえ、
間隔で文字のサイズを調整しながら進めてゆくのだが、
ここで大きな障害が生ずる。
「一」という一文字だ。

これは難しい。
ただの横に一本の線が、この文字だ。
書くのはいいだろう。
多少弓なりにしながら、力強く左から右へ。
最後はぐっと踏み込んで終了。
立派な「一」の完成だ。
ところがである。
なまじ単純であるがために、
なんと、この文字は上下の幅をとらない。
今、問題の焦点は
一行の中に如何に17文字をバランスよく収めるか、であるので、
上下の幅を取らない文字がそこに入ると
全体のバランスが崩れてしまうのだ。
要するに、「一」を含む一行は、
他の16文字が多少大きくても
行の最後でスペースが足りなくなることがなくなる。

では、「一」とその前後の文字の間隔を大きくとればよかろう、と
指摘してくださる諸兄もいらっしゃるだろう。
ところが、その調整が微妙で難しい。
私が如何に、進歩とは遠い存在かがわかる。

三行目にかかる。
前の行の文字サイズを参考にしながら進めるのだが、
そうすると又、二行目の「一」が問題になる。
「一」とその横にくる「是」では
縦のサイズが全く違うので、
どうしても「是」のほうが長くなってしまう。
横一列にがそろわないのだ。
これはもう、見えないマス目を書いて調整するしかないのだが、
感覚で生きている私に
そんな器用なことは不可能だ。

こうして様々な問題を抱えながら、
いよいよ後半に突入していくわけだが、
少々長くなったので
今回はこのへんにしておこう。



読んでくださった方、ありがとうございます。

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1991-c34ea27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)