FC2ブログ

手段


前回、故紙録の飯塚染子さんが
悟りに至るきっかけとなった言葉を記した。

念仏一辺倒から
一旦立ち止まって息をつき、
落ち着いて周囲を見回すことによって
禅と出会い、
禅を通して悟りに至ったという話であるが、
これは決して念仏を貶めている訳ではない。

公案をみてもわかるが
悟りとは人それぞれだ。
畢竟、それに至る手段も様々となる。
千差万別、多種多様、バラエティーに富んでいて
どこに探し求めた答えが落ちているのかわからない。
ここでのポイントは、
視野を広く持つことによって
行き違いを防ぎ
目指す相手をしっかりと見逃さない、ということだ。
染子さんの場合はそれが禅であった。

まぁ、それだけのことで、
もう一度云うが、
これは禅と念仏を比べる話ではない。
念仏が尊く有難いものなのは当然の話で、
念仏を心の拠りどころとする人は
歴史を見ても枚挙にいとまがないし、
今だってそうだろう。
私も念仏をお唱えする。

禅が合わない人もいる。
禅は自分と真っ直ぐに向き合う修行なので、
かえって己を追い詰めることになり、
悲しく結末した話も多く聞いた。
要は、前述もしたが、人それぞれ、なのだ。
私は禅をやらせてもらっているが、
これはだらしない自分を引き締める目的だ。
豆腐を鍛えて鉄にする手段は
禅しかないと思っている。

これだと思って傾倒してきたものが、
実は自分には合っていなかった、ト、
そんな悲劇は大いにある話だ。

何かに集中した時間というのは
決して無駄になることはないけども、
やはり目指す目標に回り道はしたくない。

一旦立ち止まって周囲を見渡す。
道に迷ったら勘で曲がらず地図をみる。
あらゆる縁を大切にする。
人の話を聞く。
悟りのきっかけはどこにあるのかわからない。





読んで下さった皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1986-a107a3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)