FC2ブログ

KATY


前回からの続きである。

そのKaty Perryの問題の曲、
今回初めてビデオを観た。
ビデオは大変な悲しい内容で
ちょっと胸が締めつけられるようなものであった。

冒頭で年老いた女性が登場する。
どうやらこの女性が主人公で
別れの思い出を歌う構成のようだ。
女性には平穏な日常があることがわかるが、
その心には若い頃の心痛が未だ残っている様子だ。
女性は70くらいに見えるが、
だとしたら、
曲の主題となっている別れからは50年以上が経っていることになる。

女性にとっての余程の大恋愛だったのか、
故に、別れが人生の一大事となる事件だったのか、
それにしても、半世紀以上も思い悩むというのは
若干の不自然さがあるように感ずるが…

さて、ビデオは曲の内容に沿って進む。
出会いから幸福の時を経ての終局を
描いているが、その終局というのが突然の別れで
ここがオリジナルの曲とは違う部分だ。
ここで、年月が経っているにも関わらず、
何故これほどまでに女性が思い悩むのかがわかる仕組みだ。
肝心な部分なので
未視聴の方のために語る事が出来ないが、
少々ショッキングな内容となっている。

しかし少しだけ語ろう。



このミュージックビデオ全体を通してのテーマが
追憶であるはずだが、その対象が、
オリジナルの曲ではほろ苦い青春の思い出だったものが
このビデオでは比べ物にならないほどの厳粛な別れとなっていた。
そこがまず、大きく違うところだ。
最早別物と云ってもいい。
死別であるからだ。

夕陽に二人の手が一瞬だけ重なるけども、
虚ろな静寂を以て女性が現実に引き戻されて
ぽつねんと一人で立ち尽くすシーンなどは
あまりの悲痛な姿に硬直してしまうほどだ。

きっとこの女性は、一生このままだろう。
過去に苦しめられ、泣きながら生きてゆくのだろう。
そんな未来を暗示するような
悲しい黄昏時を以て、このビデオは終了する。



さて、これは、
創作に外連味を加えて
視聴者の受ける衝撃倍増を狙った演出だろうか。
どうもそうには見えない。
何故なら、ビデオの元となった原曲に
死別の原因となった交通事故の描写など
微塵もないからだ。
とってつけたような付加体なのだ。
どうにも不自然だ。何故か。

ここからは純粋に推測となるが、
アーティスト・Katy Perryはもしかして、
誰かに捧げる意図があったのではないだろうか。
どうしてもそうしたいと考えるに至った
やむにやまれぬ事情ができたのではないか。…

それならば納得がいく。
真相はわからない。



読んで下さった方々、有難う御座います。


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1985-ba8d3bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)