FC2ブログ

太宰治は疲れに効く


そのパンドラの匣であるが、
太宰治の青春ものの一つな訳だが
よくよく考えてみたら
こういう清々しい作品は珍しいような気がする。
中期の彼は、人の美しさを描いた
人間賛歌の傑作が多いけども
この作品は一種独特で
なんだか爽やかに吹き抜ける
初夏の風のような印象だ。

こういった作品は、休憩時間などで
パラパラと気軽に読めるので気分転換によい。
雲雀だ越後獅子だ、オルレアンの少女だと、
軽快に、然し、じっくりと、
たまに微笑ましい場面にあたっては
頬を緩ませながら
(傍から見ると気持ち悪いかも知れない)
どんどん読み進んでゆくと、
私のようなロマンチストは
いつの間にか
その世界の住民の一人になっている。

>ロマンチスト
hana ordinary 花「自分で云うところが偉い!」


しかも、あの独特の文体に加えて
この作品は書簡体をとっているので
ますます、こう、主人公が私に
直接個人的に
語りかけているように錯覚するという訳だ。

こうした気軽な作品であるが、
基本的に主人公の成長の物語であるので
ビルドゥングスロマン的な奥深さもあって
ところどころではっとするような
場面にも出くわす。
竹さんの結婚の話を聞いた後の
主人公の不思議な胸の苦しさなどがそれだ。

SORA 28JULY08 065 そら「ぎゅっとつねられるトコなんかも、切ないでしゅねぇ・・・」


主人公はあらゆる日常を通して確実に成長する。
小説の終わりに於いては
もうすっかり肩の力が抜けて
自然体に近い境地にまで達する、曰く、

あとはもう何も言わず
はやくもなく、遅くもなく、
きわめて当たり前の歩調でまっすぐに歩いてゆこう。


この道はどこに続いているのか。
主人公は、伸びてゆく植物の蔓に聞いたほうがよい、ト云う。
蔓のこたえはこうだ。

私は何にも知りません。
しかし、伸びてゆく方向に陽が当たるようです。



陽の当たる方向に伸びるのではなく、
伸びてゆく方向に陽が当たる、ト、云っている。
ここは重要だ、読み飛ばしてはならない。
進んでゆく場所にこそ陽が当たる、ト云っているのだ。
運命は常に味方だと励ましているのだ。
なんというさりげない優しさだろう。
挫けないで進んでゆこうという、背を支えるような言葉。
がっちりと抱きとめるのではなくって
そっと手を添えるような柔らかさ。
人を愛する者にしか書けない言葉だと思う。

私は最近、極端に疲れている。
そのおかげだと思うが、
この小説の最後に
このような美しい言葉があったことに
この年になってはじめて気が付いた。
この台詞の爽やかな尊さに
漸く気が付けた。
苦労してきていない者の思考の軽さだろう。
人生を知らなければ、
金の林檎をだされても気が付けないのだ。

こんな言葉を綴ることが出来る太宰治という作家は
誰がなんと云おうと、陽性と勇気と希望の人だ。
私は改めて、彼への敬愛を深めたのだ。




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1978-b456d27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)