FC2ブログ

メトロノーム (後半)


さて…

この話の流れだともう大体の予想はつくでしょうけども、
はい、
結局ジム君はメトロノーム選手に負けてしまいます。

hana ordinary花「うぉぉぉぉい!www」

sora scaredそら「なんでしゅってぇ!?」


それも、何の見せ場もなく、あっさり。

hana happy花「バプス~www」

sora sorryそら「何があったというのでしゅかっ!?」


ジム君は要は、個体燃料のロケットだったのです。
固体燃料は細かい制御がききませんので
一旦点火されると一気に燃え尽きるのですが、
その分、パワーは強力ですごい推進力を発揮します。
もうこれ、例えがこれしかありません。

何しろ、途中で何の前触れもなくいきなりリタイアした
ジム君の姿は、ほんのちょっと前までの輝きは一気に消えて
なんだか干ばつの後の老木のようになっていたのです。
インスタントエイジング(瞬時の加齢)という言葉は正にこれで
もう全くの別人、誰だかわからないくらいに
燃え尽き、疲れ果て、甚だしく疲労し、
輝くばかりの若い姿は最早何処にもありませんでした。
例えは悪いですが、
半死半生の何かの干物といった趣で・・・

前半飛ばし過ぎて後半リタイア。
この選手は最早、
このパターンが様式美のようになっているそうです。
あの眩しい笑顔は
調子に乗りすぎ、浮かれすぎた結果での、
未熟なだけの子供の笑顔だったのです。
で、過去数度のレースも同じパターンでリタイアしているとか…。

200812HANA DARUMA 069

SORA uuu07JAN09 010

それをしっかりと見越して、
諦めず、
堅実さと手堅さで以て
コツコツ型の亀、そう!メトロノーム選手が
矢張り最後は勝つというこの大正義!
努力! 真面目! これこそが人生!

…ト、いう話で締めくくりたかったのですが、
ジム君の自爆ランのおかげでそれは台無しとなり、
更に付け加えると、
そのメトロノーム選手すら
全く無名の新人、しかも自らの弟子に
あっさりと抜かれて優勝を逃すという…

コピー ~ 12JAN09 218そら「はうぁっ!!」

hana ordinary花「ぷす~www」


まぁ、それはそれでドラマというか、
とにかくもう何が何だかわからないレースだったのですけども、
まぁ、しかし、堅実さは常に無謀に勝るという、
このことだけは確かなようです。

私は常にメトロノームでありたいと思いますが、
思いもよらぬ伏兵に足元を救われぬように
気を付けようと… 
あぁ、これがなんとか教訓っぽくなりますので、
どうにかシメはまとまったようです。


26MAY10S.jpg そら「現実は驚きの連続でしゅ!」

hana kyupi 花「だから人生おもろいんぞな!」




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1966-bea73d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)