翻訳文を楽しむ


文学を本当に理解するためには原文で読む必要があります。
その言葉に含まれた絶妙のニュアンスがわかれば
自ずと意味が変わってくるわけですから
及ぼす影響についてもより深く理解することになります。
又、何気なく読み飛ばすような位置の一文に
さりげなく重大な意味が込められていることだってあるかも知れませんから、
そこを見逃すのは
背景を知らないままにゲルニカを鑑賞するのと一緒です。

sora tang2 そら「利休のお茶碗で綾鷹を飲んだ、みたいなでしゅか?」

なんかちょっと違いますね(笑


言葉の裏にある文化、そこから生じる慣習や不文律、
その国の教養の根底を成すある種の学問、

HANAsmile03SEP09.jpg 花「日本だと漢文の知識じゃの。鴎外の文章が簡にして潔なのは漢文の素養のうえにあるものだし、漱石やのぼさんだって子供の頃から漢文の素読を徹底的にやってきた人たちだから云々云々、そもそも四書五経なんて昔は当たりまえに云々あれこれ・・・」

SORA smile 11AUG09 028 そら「そ・・・それでしゅよ!それ!💦」


母国語の文学だって全てを理解するのは難しいのですから
訳文を読むのは、ただ表面を撫でているだけにすぎないのです・・・
と言うのは言い過ぎって気もしますが、
金の林檎をそれと気づかないで
3時のおやつで食べちゃった、的なものでしょうか。

hana ordinary 花「まぁ、学者でもなけりゃ、気楽に読めばいんじゃね?」

確かにそうなんですけどね・・・
私が言いたいのはこういうことです。

たとえば、川端康成を英語で読んで
あの文章の美しさを感ずることが出来るでしょうか。
無理です。
もしも出来るという人がいれば、その人はきっと、
無意識のうちに英語を日本語に訳し直して、
いわば逆輸入の形で
川端康成の原文を再現しているのでそう思うのでしょう。
原文で読む重要性は、多くの人が指摘している通りなんです。
私は文章の美しさを語りたいのです。

コピー ~ 05FEB09 039 SORA iyadeshu そら「落ち着いてくだしゃい!」


私は独逸語が出来ません。
露西亜語も無理です。
上記の理論でいくと、
私はゲーテやドストエフスキーを原文では読めないので
本当の理解には至っていないことになります。
それは本当に悔しいところで、ゲーテなんておそらく、
いろんな繊細なニュアンスを駆使して
工夫に工夫を重ねた花束を作りあげているのでしょうけども、
私の受け取る花束は、
フリーズドライだかの保存技術が加えられたもので、
もはや生ものとは程遠い物となっているのかも知れません。

いや、こういう云い方だと、
苦心を重ねて翻訳している翻訳家の先生方に申し訳ないような気もします。
「うぅむ、ゲーテのこの素晴らしい言葉を
どうやって日本の人たちに伝えたら良いのだろう。」
この言葉も違う、これもしっくりこない、
そんな葛藤を繰り返しながら苦心する翻訳家の姿が目に浮かんできました。

05FEB09 039 SORA iyadeshu そら「翻訳家しゃんに謝るがいいでしゅ!」


「ヴェルテルのこの言葉は、直訳すると実に味気なくなってしまう。
えぇい!意味を伝えるには・・・感動を伝えるにはどうしたらいいんじゃ!」
翻訳家はきっと、こうやって如何に意味を伝えるかに苦心していることでしょう。
そこで夏目漱石の「月が綺麗ですね」になるわけですが、
こうなってくると、最早翻訳家は既に翻訳家ではなく、
純然たる作家となってくるわけです。

HANAsmile03SEP09.jpg 花「なんかエライことになってきたがな。」


こうして原文は、翻訳家という名の作家の手を経て、
共同執筆に近い合作という全く別の文学に生まれ変わるのです。
したがいまして、
翻訳文学の完成度はそれを伝える者の器量に大きく委ねられることとなり、
元は一つの文学であるはずのものが、
多くのバリエーションを持つこととなるのです。
最近だと、カラマーゾフの兄弟の兄弟が有名です。

こう考えると、そのカラマーゾフひとつとっても、
難解な鋼鉄の文章と、亀山訳のように親しみやすい文章と、
選択の幅で出来る訳なので、
私達読者にとっては非常に有難い話となります。
正に昨今の消費社会ではありませんが、
市場に商品が溢れ、私たちは選ぶ楽しさや
多様性を楽しむことが出来るわけで、
こうなってくると最早、真の理解うんぬんはどうでもよくなってきます。

hana ordinary 花「どうでもようなりよりよったwww」


むしろ、翻訳家による様々な解釈や云い回しの違いを楽しめる
翻訳文のほうが娯楽性が高いような気さえしてきます。

原文が読めないからと落胆する必要はありません。
原理主義が常に正しいとは限りません。
私達は、無理せず手の届く範囲で
多様性を楽しむことにしましょう。

sora mumu そら「ラジャーでしゅ!」

hana face1 花「結局いつも通り、よう意味がわからんかったの。」






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1962-441894a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)