自転車


長年乗った自転車がついに稼働限界を迎えた。

専門店によると、なんでもペダルの軸の部分だか何だかが
もう修理出来ない程に傷んでいるということだった。
ブレーキも、いくらワイヤーを引っ張っても限界があるとのことで
それならブレーキ一式取り換えようとも思ったのだが、
結局ちょこちょことした交換を短いスパンで行うことになるので
その費用は馬鹿にならない見通しで(確かに思い当たる)
買い換えたほうが早いし安い、とのアドバイスを受けた。
私は愛着のある自転車を手放したくなかったので、
なんとか修理しながら乗ってゆこうと考えていたのだが
その店員さんの断固として毅然とした物言いに
ううむ、と唸ってうなだれてしまった。
これが去年の夏の話である。

さて、それからだましだまし乗ってきた。
買い替えの必要性をかんじつつ、
いろいろと理由をつけて先延ばしにした。
夏は暑いからもう少し乗ろう。
秋は紅葉で滅びの季節だし
悲しいからもうちょっと。
冬は寒いし、どうせなら花の咲く季節まで待っていたい。
春は世間が変化していて
せわしくて仕方ないからタイミングが悪い。

しかし、きぃきぃと軋む音が息切れしているようにも聞こえ、
どうにも不憫でならなくなった。

この自転車は、花とそらを失った後の私を
たくさんの場所に連れて行ってくれた大事な友だ。
再生の為の旅、順礼の歩み、祈りと追悼と見送りと、
現実と向き合う為の決心を固める為の、
明日への放浪を共に進んだ仲間だ。

苦しい時を共に過ごした相棒であるので
ある種の糟糠の妻といった思い入れがある訳だが、
もういかん、もういけない。
休ませてやる時が来た。
人生とは損失の連続である。
またも私は現実と向かい合うこととなった。


雨上がりの初夏の空は
かぎりなく青い。
私は今、悲しい気持ちは大いにあるけども
最早それに押し潰されることはなく
ただただ感謝の気持ちに心は澄んでいる。

あの冒険の日々を忘れることはない。
涙で回想することもないだろう。
凡てはこの相棒、隆盛号(りゅうせいごう)のおかげだ。



15JULY17 Ayase 028

15JULY17 Ayase 035

24JUN17 AYASE 028

2014-07-08 2014-07-08 001 001

2014-07-03 2014-07-08 001 001

2014-04-24 24APR14 055

29MAR16 MEKUJIRI Rvr 006

2014-08-05 007

2014-08-22 22AUG14 FJ 006

b2014-04-15 15APR14 024 - コピー





今、新しい自転車を迎えた。
タイプは若干違うが、色は同じ赤だ。
赤兎、と名付けた。
人生は損失の連続である。
そして、出会いの連続でもある。




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1960-06a62884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)