FC2ブログ

新九郎譚 「You are my son」


さて、我らが新九郎君は
いつも悪い事ばかりしている訳ではありません。

常識がないとか無鉄砲とか、
まるで伊予松山あたりに赴任した
例の教師のように云われていますけども、
いいところだってあるんです。

あれでなかなか義侠心があって
たまにそれを発揮することもあり、
人助けに首を突っ込む事だってあるくらいです。
勿論、常に全力、猪突猛進なので
良かれと思って行ったことが
どう結果に結びつくかは
神のみぞ知るといったところですが、
手抜きというものがないだけに
その行動には人の心に訴える力があると、
私はそう信じています。

今日は、
新九郎君のこんな話をしましょう。

先日、
新九郎君の10年来の親友(米人)が離婚の危機を迎え、
相手方(日本人女性)のご家族と
話し合いをすることになりました。
話をしっかり理解したいというご家族の希望があり、
第三者の通訳が必要ということで、
新九郎君に白羽の矢が立った訳ですが、
よく知った仲の、それも特別に気の合う友人の
離婚ということで…

いつもエネルギッシュな新九郎君が
なんだかボンヤリとしていたのを
私はよく覚えています。

こういった話し合いに於いては、
中に立つ者は双方の感情を
まともに受ける訳ですから、
その心的負担というのは想像以上です。
私にも経験がありますけども、
美しい海を汚す流出した重油のように
感情のぶつかり合いは
精神を荒々しく汚染します。
深淵も又等しくこちらを見返すに近い理屈です。

しかも良く知った者の関係なのですから
その負担ははかり知れないでしょう。

さて、話し合いの内容については
決して明かされることはありませんでしたけども、
その後の新九郎君の様子から
決して呑気ではすまされないものと伺えました。

しかしその長い、数時間に及んだ話し合いの中で、
一瞬だけ、
破壊され、廃墟となった町の片隅に
ひっそりと咲いた一輪の花のような
美しい場面があった、と、
傷心の新九郎君が
以下の如くに語ってくれました。

話し合いもいよいよ終盤となった際のことです。
離婚という言葉が皆の心を支配し
最悪の結末を予感しつつ、押し黙る中、
日本人妻方のお母さまが一言、
こうおっしゃったのだそうです。

「これからも私達はあなたを息子だと思っています。
あなたは私たちの息子よ。」

新九郎君は役割から一瞬通訳しそうになりましたが、
然し咄嗟に思いとどまり、通訳しなかったそうです。
何故なら、
言葉は訳せても気持ちまでは訳せないからです。
ここでは明らかに、伝えようとしているのは心です。
「お母さま、それは直接彼に云ってあげて下さい。」

「あなたは私達の息子よ、わかる?
 You are my son. You are my son. 」

気持ちは確かに伝わったようでした。
この言葉に顔を紅潮させて涙を流す彼に、
新九郎君は、
嵐の後で漸く差した陽射しを見た気がしたそうです。

今回のお話はここまでです。




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1954-471efb10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)