新九郎譚 「昼休み」


我らが新九郎君は若年の身でありながら
外国人と職場を共にし、
しかもなかなかの難しい立場にありますので
外から見ている私などは
大いに感心することがよくあるのですが、
そんな中で新九郎君がやっていけるのも
きっと素晴らしい仲間に恵まれているからに
違いありません。
さて、今日はそんなお話をしてみます。

ある時、新九郎君は
たいへんな人数の職員に対し
とあるテストを行うことになりました。
これは一人ひとり面談しながら行うもので、
手間もかかりますし
当然、気も使います。
2週間、きっちり缶詰になる見通しで、
こういった職務につきものの
その後にあるデータ入力まで考えると
ほとほと気が遠くなるような
膨大な作業量なわけです。
そしてこの割り当てが終わると、また、次の仕事。
人生はこの繰り返しです。

さて、テストとなりますが、
はじまってみるとこれが意外にも楽しく
歓談しながらの作業は順調に運び、
次々とリストは埋まってゆきます。
併し、外の廊下には
常に人が5~6人待機している状態で、
切れ目というか、小休止の暇もありません。
11時、12時、13時…
忙しくしているので時間は早く過ぎるのですが、
お昼の時間は刻々と背後に置き去られて
新九郎君の胃は空腹に
悶え苦しむ事となってしまいました。
しかも、人は後から後から
次々と押し寄せてくるばかりです。
新九郎君が腹をくくろうと、ぐっと歯を噛んだ
その時、

「お昼はとったのか?」
巨躯を折りたたむようにして
例の強面の上役が部屋に入ってきました。
「いいえ、まだですが人がたくさん待っていますので。」
精一杯に見栄をはって笑顔でこたえた新九郎君でしたが、
当然その上役には腹の底を見透かされることとなり、
うむ、と頷いたその上役、
お昼をとってこい、と一言云ったかと思うと、
「おまえたち、一時間後にもどってこい!」
と、廊下の人たちに大声をだしたのです。

「去れ!(Go away!)」
アクションが早いので
皆を追い散らしています。

これには、新九郎君、慌てたのなんの、
直ぐに席を立って皆を引き留めました。
「ちょっ、ちょ、ちょっと待って!!」

被験者の皆は、
非番の日に呼び出されて来ている事情です。
しかも、一人約15分強のテストですから
1時間以上も待っている人だっているわけです。
下っ端はほぼ物品扱いの特殊な職場とはいえ、
これではあんまりですので、
新九郎君は笑いをこらえながら
皆を呼び止め、
上役には感謝の気持ちを誠実に示しつつ、
何とか引き取ってもらい、
テストは続行することとなりました。
一瞬、真っ青になった皆の顔が安堵しています。

「必要なことがあったら直ぐに呼べ。」
ニヤっと笑い、颯爽と立ち去ってゆく上役の姿は
新九郎君には
いつもより一層大きく見えたそうですが、
他の人には恐怖の魔王にみえたことでしょう。

まぁ、なんであれ、
こうした人が在るおかげで、
今日も新九郎君は元気です。




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1930-051cf002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)