鈍刀を磨く


坂村真民という詩人、あり。
たいへんに優しく、同時に力強く、
弱く、且つ、生きる意志に満ち溢れた
実に人間的な詩を残されている。

妙心寺派のお寺で
5年、禅の修行をされたそうだが、
成程、と思うところがある。
禅を学ぶ人というのは、なんというか、
根底にある共通点として
妙な血潮の生々しさと、
人生に前向きな人間的強度が
あるように思う。

そして不思議なことに、
黙々と一人の修行を積んでゆくのが
禅の修行という印象であるのだけれども、
その結果生まれた余裕であろうか、
禅を行う人は己のことのみならず、
常に他人のことも己のように考えている思考に
特徴があるように思えるのだ。

それは視点の広さという単純ではなく、
己と人とを全く区別していない、
要するに、広袤山河を鳥瞰するように
物事を捉えており、
それは恰も精神が尽十方と一体化して
自然に溶け込んでいるかのようで
我々凡人には驚きでしかない。

「鈍刀を磨く」という詩にも
その特徴が見て取れる。

この詩は、
ひたすら鈍刀を磨き続ける、という内容だ。
鈍刀は決して光らないかも知れないが、
しかし、せっせと磨いていけば、
そのうちに磨く本人が輝いてくる、トいう、
世界の妙の計り知れなさを謳ったものだ。

それはそれで疑いようもなく尊いものだし
大切なことではあるのだが、
実は私が心を奪われたのはそこではなかった。

私がハッと目を奪われ、思わず絶句した一節とは、
磨かれる鈍刀が、
すまぬ、すまぬ、ト、己の至らなさを恥じるように
言動しているほんの一瞬のくだりの部分だった。

「こんな私ですまぬ、すまぬ」
そんな刀をただ、ひたすら黙って磨き続ける。
本編の核心からは外れるが、
私はこの場面に強く心を打たれた。

論点を無視するようで心苦しいが、
このような美しい交流のあとには
最早、結果などどうでもよくなってくる。
刀は勿論、たとえ磨く本人が決して輝くことがなくとも、
それでももう、これは完成された美に違いはないからだ。

作者が伝えたいと思っている核心に
そっと花を添えるように描かれたこの場面。
鈍刀を磨く本人だけでなく、
刀の気持ちをも表現したところに、
私はさりげない優しさを感じ
妙に感じ入ってしまったのです。



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1928-c02d553d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)