FC2ブログ

新九郎譚 「講義」


さて、我らが新九郎君、先日大変に
気まずい思いをしたそうで、
これが当事者でない私からみれば
中々に愉快な内容でしたので、
今日はそのお話をしましょう。

新九郎君はその役柄、
大勢に講義を行うことがあります。
先日のこと、他部署からの要請で
職場でのパワハラ防止に係る講義を行ったそうですが、
新九郎君は少々スパルタなところがあり
しかも自分の極端な努力主義を
他人にも押し付ける傾向にありますので(迷惑!)
その新九郎君がパワハラ防止の講義を行ったなどと、
無関係な私としては、ちょっぴりクスっとしてしまいます。

講義のほうは、矢張りと云うか、
いくら力を込めて鐘を打っても
なんの音もしないような、
終始白けた雰囲気だったそうです。

「大声で人を叱ってはいけません。」
「机を叩きながらの指導はパワハラです。」

こういったことを延々30分、
口角泡を飛ばし、額に青筋を立てて、
血走った目で語る新九郎君を想像すると
滑稽で頬が緩んでしまいます。

併し、講義を受ける側としては切実、且つ、
あなたが云うんですか?といった
口に出す訳にはいかない複雑な心境をかかえ、
それでも黙って聞いていなければいけないのですから、
これはもう懲罰に近い30分だったはずです。

講義の最中は当然、皆が白けきっているのですから、
途中、さすがの新九郎君も少々心細くなってきて
「皆さん、お前が云うな、といった表情ですね!あっはっは!」
などと冗談を飛ばしたりもしたそうですが、
まるっきりの無反応、
静寂が会議室を支配するのみだったそうです。

呆然と空を見つめる者、よそよそしく視線を逸らす者、
苦虫を噛み潰したような表情の者、と様々な面々を前にし、
静寂に耐えられなくなった新九郎君が、
「はい、皆さん、ここは笑うところですよ!」
と、パンパンパンパンなどと手を打ちながら
部屋のなかを歩き回り、
漸く数人かがクスリと笑ってくれた、といった程度なのですから、
これは辛かったことでしょう。
照れ笑いというか、苦笑いというか、
自嘲気味に語る新九郎君は
可愛ゆくも見えました。

(いきすぎた)熱血の新九郎君も、
これで少しは変わるのでしょうか?

まぁ、変わらないでしょう。
「坊ちゃん」がそのまま現出したような人ですから。

(そこがまたいいのですが)






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1923-d2e7e1e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)