続、浄土 


さて一方、
禅の僧侶に浄土を語らせるとどうなるか?
これはもう、大変な事になる。
いや、実際、すごいインパクトだった。

「何処まで西に行ったって
そんなものありゃしませんよ!」
「地球は丸いんだから、
元の場所に帰ってきちゃうでしょ!?」
などと、大胆に笑い飛ばしてしまう始末である。
これにはさすがに
苦笑いするしかない。

私は、禅とは、
この世界に真正面から向かい合って
現実を如何に生きるのか、ト、
この人類の持ち得る最難関の学問を
学ぶ場だと思っている。
それは、
一切の妥協がない
リアリストの世界に他ならない。

従って、この禅僧の答えには
充分に納得がいったし、
なんの反論も持たなかった。
そして、少しの嫌な気もしなかった。

これは、私が心の何処かで、
禅の世界観とは全く異なった浄土の世界観を
決して交わる事のない
別の枠で考え分けているからでもあるが、
理由はそれだけではない。
私がもしも浄土を口にした時、
何故それを云わねばならないのか、を、
しっかりと見抜いて理解してくれるだろうという
安心感があったからに他ならない。
(併し、決して抱擁などはしてくれない)

私は禅を信望するし、実際に学んでいる。
しかし浄土も必要だ。
そして、
禅僧という人たちははきっとそれを見抜いている。
科学者以上のリアリストであるが故に、
人の心もそのまま鏡に映すように
精密に観察している。
人を樹木に例えるならば、
地中に這う根までも見通すのが禅僧なのである。

だから、冒頭であげたような話は
(いちいち口には出さないが)
自然科学の話、という前提で話されていて、
信仰とはまるっきり切り離しているはずだ。

はっきりとわかる形での優しさはないが、
私たちはその豪放磊落な姿勢の向うにある
もっと大きな「何か」に気付かねばならない。

いちいち口には出さないが、というのが
また禅的で痛快ではないか!








いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1899-1cf0ef9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)