浄土


私にとっての浄土とは、
死者がこの世のあらゆる苦しみから解放された
安らぎの場所である。
もはや、何の痛みも心配もない
安寧の世界である。

だから私は、
愛する者が浄土に在って欲しいと
強く、強く、願う。

ある時、浄土真宗の僧侶に
浄土はあるのか?と問うた事があった。
僧侶は、ただ信じないさい、と云い続けるのみで、
それ以上は語らなかった。

あの時、たった一言、
確信に満ちた目で「ある」と答えてもらえたならば、
私はもうそこで死んでもよいとまで
思っただろう。
それまで流した悲しみの涙を凡て
洗い流すほどの満足の涙を流しただろう。
しかし、僧侶は、それ以上を
決して語ろうとはしなかった。


時が経って漸く気付いたが、
あの僧侶は実に公明正大であった。









いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1898-46ba888f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)