暁の石窟寺


愛する者を亡くした後の
私の唯一の希望は時間であった。
時間の経過のみが悲しみを癒す事が出来る、
所謂、時間薬に頼るしかなかった。

偉大な時の流れはいつしか
私を救ってくれたけども、
しかし、過去はある時に突然
現在と繋がって私を大いに驚かせた。
それは、睡眠という記憶のリセットだった。

私は夜中に突然目覚めるのが怖い。
私の心の根底を支配しているのは
過ぎ去った過去に相違ないので、
睡眠中に行われる記憶の最適化中は
どうしてもその事が主要トピックとなってしまうのだ。
而して、夜中の突然の覚醒の際には
当時の記憶が生々しく蘇る。

明け方に私は夢をみた。
早春の空には薄雲がかかり
呆然と歩く私の前が突然視界が開けて
石窟の寺院が姿を現した。

その寺院は馬蹄状に広がった滝と一体化しており、
壁には一面に清らかな水が流れていた。
慰霊碑を思わせる石の塔が建ち、
日本風とも中央アジア風とも思える建造物は
静かに滝の流れに身を浸していた。

入口に跪き、
私は愛しい者たちの名を
何度も何度も叫んだ。
あまりの悲しみに、死へ逃げようかとすら考えた。
私は何度も叫び、寺院を見上げ、そして目が覚めた。

辺りはまだ暗く、
月は煌々と輝いて流れる雲を照らしていた。
その様は、
川の流れを時に例えた方丈記を思い起こさせた。
雲は淀みなく流れてゆく。
時の流れも同様、そして別れは定められた法則。

私を過去に連れ戻す真夜中の覚醒は
きっとこれからも私を悩ませる。
しかしこれは苦しみではなく
愛の再確認と受け止めれば
私はまた明日も生きてゆけるだろう。
そして感謝の気持ちを新たにするだろう。
神は私と共にある。





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。








スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1897-243bdeef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)