早春の朝に


このところ
非常に気持ちの良い朝が続いている。

西に崇高な大山の姿を見ながら
頭上に大きく広がった空は青く、
まるで白の薄絵具を流したような雲が、
人生のところどころに波打つ悲しみの様に
仄かな抑揚を添えている。

こう云うとなんだか悲しい空を想像するが、
そうではない。
私は生きる意志に満ち溢れていて、
それはもう、まるで、
いますぐその青空に
ぽかんと船でも浮かべたいくらいの心境なのだ。

こういうと太宰治になってしまう。
そういえば彼にも、
こんな風に生と相対した時期があった。
希望とがっちり握手をした日があった。
人生は常に手探りだ。
私たちは先ず、今日をしっかりと生きよう。





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1896-f9539d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)