一度はヘタれるべし


私は常に自らの価値観を絶対視しているので、
努力という行為には強い拘りがある。
したがって、
努力しない者を軽蔑する傾向にあるし、
それは死ぬまで変わらないだろう。

しかし、ある日の朝、
なんとその私自身がヘタれてしまった。
その日が雨というのもあったろうが、
自転車で出勤途中に、
突然、超絶に憂鬱な気分になったのだ。

毎日、頭が沸騰するほど勉強し、
気が遠くなるほどのショックを受けながら
難しい仕事に取組み、
それでも何一つ計画通りに事は運ばず
どうにもならないものを
どうにかしなければならないというプレッシャー。
何故こんなことをしているのか?

もっと楽な生き方はいくらでもある。
無理して毎日勉強しなくてもいいではないか。
そんか事より、帰宅したら
ビールを飲んでテレビをみて、
頭を悩ますのはゲームの攻略のみで
好きな本を読んで、史書を楽しみ、
休みの日は計画など立てずに
ただただ遊んで暮らす。…

そういう生活にすこし憧れた。
ただ楽しんで生きるのは良い、とても良い。
本気でそう思ったし、羨ましさも感じた。
真の幸福とは、
緊張の無い安らかな日々にあるのではないか、とさえ思った。
併し、しばらくして思い直した。

幸福とは常に相対的なものだ。
人それぞれに倖せの形はある。
私の幸福は、きっと、苦難の後にある
大きな達成感にあるのではないか、と
迷いの後にふと気づいたのだ。

苦難が大きければ大きいほど、
その幸福も又、大きなものとなる。
それは、困難な道を選択した者のみが
その果てに出会える
魔法の青い蝶々のようなもので、
楽な道を選んでいては
絶対に見つけることは出来ない、
要するに、
神と交わす精神的等価交換の産物と云ってもよい。
(かも知れない)

そうだ。 私はその為に、困難な道を選んでいたのだ。
なんという事はない。
私の艱難辛苦は
自らの倖せに直結するものだった。







と、自転車通勤の20分の間にこんな事を考えていて、
我ながら阿呆だな、とちょっと笑ってしまいました。



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1893-6ea7fb86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)