立ち止まらぬこと


一日サボるのは一日分後退するのと同じことであります。

立ち止まりは後退を意味しますので、
それを諫めるために
「その場に留まる為には全力で走り続けなければならない」、と、
そんな言葉があるくらいです。
本来この言葉はよく進化の仕組みの説明に使われ…
否、元々はルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」からの引用ですが。


立ち止まりは後退を意味すると云いました。
想像してみてください。
ある試験を受けようと、
その項目を烈火の如く勉強したとして、
見事受かったとしましょう。
しかしその後は安心して全く学問しなかったとします。
一ヶ月後に同じ試験を受けて受かりましょうか?

運動で筋骨隆々とした体を作り上げたとします。
しかしその後、怠けて遊び暮らしたら、
一ヶ月でおなかが出てしまうでしょう。

継続だけが、保持をもたらすのです。
帰国子女が、身に付けた言語学を失わないために
なるべく外国人と話す機会をつくるのはこの為です。

私は、一度得た勲章を捨てるつもりはありません。
併しそこには(他のどんなことと同じく)常に代価が発生します。
それが継続の努力です。

物質的な財産には常に滅亡の可能性がありますが、
学問のような精神的財産は
本人が努力を続ける限りは決して消滅しないのです。
地に蓄えた財産はいつか滅びるが、
天に蓄えた財産は決して滅びない、ト、聖書も教えています。

とは云え、私は弱い人間なので常にサボる機会を伺っていますし、
勉強の時間になると、ついつい部屋の掃除を始めたりします。
そんな時こそ、
冒頭にあげた言葉で自らを平手打ちするのです。

「その場に留まる為には全力で走り続けなければならない。」





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1891-afa017cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)