座って克服すべし


ある高名な老師によると、
うつ病質の人が座禅をするのは危険なのだそうだ。

座禅は己の精神を鍛錬する目的で行うもの、トいうのが
私の認識であるが、
まぁ、一般的にもそう考えられているハズだ、ト思うが、
それが何故々々、危険となり得るのか?
答えは意外と簡単だった。

うつ病質の人たちとは、その繊細さ故に
己と向き合う事を苦とする種別の人たちであるので、
己と向き合う事を大前提とする座禅とは
極めて相性が悪い、という理論、
当然の理であったのだ。

併し、うつ病と座禅が相容れない関係であると
結論付けるのは少々早計であるようにも感じた。

私は元々人生に於ける弱者であるので
己と真っ直ぐ向き合う事を頗る苦手とする。
だが、座禅を続けてきて多少は何と云うか、
自信が強化されてきたのを実感している。
何かを成し遂げた時など、
これは座禅の効果に違いない!などと、
これまで座ってきた、という実体験を明確な根拠として
出てきた結果に関連付けする事により、
その結果に更なる確信が持てるようになった、という訳だ。

これだけやってきたのだ、トいう、
疑いようのない真実を背景に持つ事には
重大な意味がある。
座禅はその意味を生み出す手段として機能する
実務的な訓練と云っても
云い過ぎではあるまい。

根拠を持てれば自信が生まれる。
つまり、己と向き合う事が苦痛でなくなる。
よって、座禅がうつ病質と反発し合う存在と結論付けるのは
早計である、ト、私は考えたのだけども…

併し、である。
この私の考えが素人の希望的観測である事は
否定出来ないし、
皆が皆、私と同じに考えるとは限らない。
座禅という修行を積んでゆく過程で、
つまり、経験という事実を造り出すその手前で、
重きに耐え切れなくなる繊細な人々も多く在るはずだ。
そうなってくると、
挫折という結果は負担にしかならないので
これはかえって逆効果だ。
たとえそれが単純に相性の問題であり
恥ずべき事でないのは当然なのだとしても、
結果は結果として
その人の歴史を創ってしまうのである。

私の考えは往々にして非現実的であるので、
ここはやはり、経験豊かでその道のプロである
老師の言葉がより真実に近いのは当たり前、ト、
再認識したという結論で締めくくっておこう。




いや、待った。
併し、矢張り、座禅によって鬱を克服する可能性は
ゼロではないとも記しておかねばならない。
極めてリスキーな諸刃の剣、ト、
挑戦するならそれをしっかり認識する事が不可欠となるが、
諸刃の剣の切れ味は前後に鋭いのだから
身に付ければ大変な武器になる。
いやいや、挑戦を思い立った時点で
その人は既に鬱ではない、とも云える訳だから、
ちょっと論点がズレてきてないだろうか。

うむ、なるほど。
どうも、私の文章はまとまりがなくていけない。
すこし座ってきます。



いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1880-9e052e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)