A君を思う


A君の話が続きます。

彼は正にわき目もふらずに目標に向かっていました。
その結果のこの現在です。
然し、元々、
中年にして高校卒業の資格を目指す、という
時期外れの思い立ちに加え、
あまりに無知なその姿に
苦笑いを浮かべる人たちも多くありました。
然しこれは、今まで人生の戦いに背を向けてきた
A君の過失ですから仕方のないことです。

だけども、A君の一見無様に見えるその姿を
見下ろすように嘲笑している
利口なつもりの人たちは、さて、
特別な何かを成し遂げた事があるのでしょうか?
答えは、否、 断じて否。

目指す目標の程度がなんであれ、
人ががむしゃらに努力する姿に美を見出せない人間は
本当の努力を知らない人たちです。
その人たちは一歩を踏み出す勇気を持ちません。
何故なら、彼らは失敗した時の自分の惨めな姿を想像し、
自分は本気を出せばやれるハズなんだ、トいう、
幼稚な幻想にすがっていたい
てんで臆病な人たちだからです。
現実で自分の負けを認めるのが怖い
意気地なしの腰抜けなのです。
怠け者という言葉も加えておきましょう。

一方、A君は挑戦する事に臆しませんでした。
元より、「元ヤン」などという不名誉な身分を持つので
失う名などまるでなく、どん底から落ちようもないので、
それ以上の転落を恐れていない、という理由もあるとは思いますが、

hana ordinary花「うぉぉぉい!(ツッコミ)」

sora scaredそら「もちょっとユルユル頼みますでしゅ!」


それにしても、
しり込みしない、恐れない、萎縮しない、爽やかなその姿。
痛めた頸椎を含めた幾度となく遭遇した挫折ですら、
取るに足らない単なる「過程」としか捉えてなかった
清々しいほどの前向きな思考。
私のようにあれこれと無駄に悩む人間からすれば
これらを持ったA君の姿は、純粋に輝く太陽のようにも見えます。


A君には目標をやり遂げる根性と
地道な努力を続ける精神力がありました。
甘ったれの対極にある決意の人です。
ウサギを追って懸命にもがくカメの様なその姿は、
まことに尊いもので、
かのクーベルタンの云った
「人は戦うからこそ美しい」
という言葉が彼には違和感なく当てはまります。
こういう地道で堅実な男こそ、
何かを成し遂げる本物と云えましょう。
歩いていれば必ず辿り着くの理を
現実で実践した数少ない哲人です。

これまでなんだか偉そうに語ってきました。
然し、果たして私はA君ほどに
ひたむきになれるのか?
A君の澄んだ目を
真っ直ぐに見つめる資格があるのか?



私は自らを貶めるつもりはないので
答えは伏せて置きましょう。
然し、はっきりしているのは、
私が同じ立場だったら
計画を立ててもっとうまくやった、トいう事であります。


sora mumuそら「(さ…、最後のトコ……。)

hana ordinary花「褒めてんだか貶してんだか、よくわからんがなwww」



考え無しの無軌道な人生ではなく
ほんのちょっぴりの計画性を以て事を運べば、
効率的且つ要領よく、より早い時期に目標に近づけます。
勢いと成り行きだけで事を運ぶのは
無駄が多すぎるので、挫折の確率が上がります。
一心不乱も結構ですが、
この点は言及しておかねばなりません。






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1871-7f7b7bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)