新九郎譚 「既にやっておいた」


さて今回は、
我らが新九郎君が
いたく感動したというお話をいたしましょう。

新九郎君は先だって、
幸運にも昇格のチャンスをいただきました。
この機会、逃してなるものか、ト、
軽く書類選考をパスし
勢い込んで2次試験の面接への運びとなったわけですが、
若い新九郎君はどうにも落ち着きませんでした。
高官達が待つ面接室を前に、
新九郎君の鼓動は破裂せんばかりです。

すわ、ここぞ! などと、腹をくくる事も能わず、
ウロウロおろおろ歩き回っているうちに、
(指揮系統は違うのですが)
ある上役にあたるアメリカ人に
ばったりと出くわしてしまいました。

緊張のあまり、
既にすっかり狼狽して
舞い上がっていた新九郎君は、
まるで筋違いの一言を
声を裏返して発してしまいます。

「す、す、推薦状を書いてくれませんか?」

面接の寸前でのそんな要請に意味があるわけもなく、
又、そんな話をいちいち引き受けていたら大変なのですから
承知してもらえるハズもありません。
しまった!と思った時にはもう遅く、
上役の方はいつもの強面で
モルモットの様に縮こまった新九郎君を
じっと見下ろしています。

新九郎君はアタフタおどおどと
冷や汗に額を濡らしていましたが、
この方、突然ニヤリと笑って曰く、

I already did.
(既にやっておいた)


転瞬、
新九郎君の胸が爽やかな感動で満たされた事は
云うまでもありませんが、彼は決して浮かれませんでした。
同時に生じた新しい目標に
彼の背筋はきちんと正されたからです。
目指すべきはこういう人格である、と。






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。

(因みに新九郎君、見事に昇進を果たしました。)

スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1870-e700493e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)