勝者の眼鏡


現在放送中の大河ドラマの影響もあってか、
石田三成が人気だそうです。

三成といえば、
権謀術数に長けていて
陰湿で神経質なイメージですが、
それはもしかしたら
東軍眼鏡を通して見ている
作られた姿なのでは?
と、問いかけてくる
なかなか芸術性の高い動画があり、
私は現在
その動画鑑賞にすっかりハマってしまっていて
制作者の洗練されたセンスと
その志、熱意に打たれておりますので、
ここでひとつ紹介してみたいと思います。

石田三成CMはこちらから


この、昭和のCM風に作られた映像は
全編通してお茶羅化てはいますが、
石田三成が地元で善政をしいたことを
これでもか、と、猛烈にアピールし、
それを根拠として
彼がいまだに愛されているという事実を
世に訴えかけて、
東軍によって作られた卑屈で陰湿なイメージを
爽やかに吹き飛ばそうと試みています。

sora tang2そら「何故そんな悪いイメージが作られたんでしゅか?」


それはですね…

hana fumu花「自軍の正当性を示す為の一環ぞな。」


そうですね。
こんなに悪いヤツだからやっつけた、ト、
勝者が宣伝する為です。
要するにプロパガンダですね。
そういうと聞こえは悪いのですが、
安定した統治と後顧の憂いを絶つ目的では、
まぁ、必要な措置だと思います。
汚いとか悪いとか、
そういう子供じみた話には決してなりません。
実学的です。

話をもどしますが、
私はこのCM制作の姿勢に深い愛を感じ、
石田三成が決して観光資源として
祭り上げられているだけではないと、
そう強く確信しました。
そこには地元民にしかわからない
郷土の英雄に対する強い思いがあるのです。
たとえ全国的には嫌われ者として知られていても、
佐和山、滋賀では絶対のカリスマなのです。

26MAY10S.jpgそら「ニラのおかゆの例えもあるでしゅ!」


これは決して三成の滋賀に限ったことではありません。

勝者による敗者の印象操作は
歴史上当たり前のように行われてきました。
先にも挙げたように、
これは政治上必要な措置で
致し方のないところかも知れませんが、
しかし、勝者は敗者の名を貶めることは出来ても、
行った善政までは消し去る事は出来ないのです。

それは熾の火のように、
ひっそりと地元の人々の心の中だけに燃え続け、
多く点在する村という閉鎖空間の中で
長年に渡って語り継がれて、
そのうちにどんどん成長、熟成し、
崇拝の気持ちへと昇華していったのです。
散った桜の花びらが悠々と舞っているのは、
扇子で仰ぐ人々が在るからです。

世にいう小田原征伐の後、
宣伝好きだった豊臣によって
北条氏政には強情で暗愚なイメージにされてしまいました。
しかし後北条家は今でも小田原では愛されています。
名君だったからです。
北条早雲の時代から
北条は低税率でしたが、
氏政の時代には
とうとう二公八民という常識はずれの低さになりました。
代々が、先ず民の利益を考える名君だったことが
史料によってわかっています。

明智光秀も宣伝戦略による被害者です。
豊臣によって
悪逆非道な世紀の裏切者に仕立て上げられましたが
果たしてそうでしょうか?
豊臣眼鏡を外してみれば
生真面目で上品で教養に溢れ、
気品に輝く本当の光秀が見えてきます。


sora mumuそら「最上義光しゃんも…」

hana ordinary花「そりゃドラマのせいぞなwww」

これですね(笑
ちょっと話は外れていますが、
例の独眼竜のドラマのおかげで
すっかり悪役になってしまった最上義光、
彼も地元ではすごい人気です。
こちらも善政をしいた事で有名です。
立派な像が建っていて
その躍動感溢れる姿は
いつか直接見たいと思っています。

HANAsmile03SEP09.jpg花「鮭をお供えせんとじゃの!」



私はなるべくなら
歴史上の人物を貶める話は聞きたくありませんし
したくもありません。
皆が其々の事情を以て
懸命に生きてきたのだから
それだけで尊いではないか、という考えだからです。
だからなるべくなら、
たとえそれが江戸期の講談を根拠にしているとしても、
偉人たちの美談だけを聞いていたい、と思っています。





(ここから小声)
ところで、松永弾正についてですが、
彼は本当は云われているほどの大悪党ではなく、
その悪行のほとんどが捏造或いは講談の類だと
最近の研究で証明されているそうです。
ダークヒーロー的な魅力のある武将ですので
これはこれでつまんないですね。
やはり彼は、冷酷非道な無法者、
頭脳明晰、厚顔無恥で、
目的の為には手段を選ばない
戦国を代表する希代の大悪党でないと!!


sora scaredそら「言ってる事がもう違うでしゅ!






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1857-6c77455d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)