量をこなして質を上げる


「量質転化」という言葉があります。

意味は、
量をこなせば質が上がる、というもので、
逆もまた然りと教えています。

私は根がせっかちなので、
一冊の学習書を読みだすと
それを最後まで一気に読まないと気がすみません。
一歩一歩、着実に理解しながら進む、という事が出来ないのです。
古代中国の偉人がこれを諫めて
「速やかなるを欲するなかれ 小利をみるなかれ。」
という言葉を残していますが、
せっかちには実践出来ません。
それによって受けるストレスのほうが
大きいからです。

hana ordinary花「小学生と変わらんがなwww」

それよりも、スピードで量をこなすほうが
性に合っているのです。
「兵は神速を尊ぶ」です。

コピー ~ 2009120917595096cそら「孫武しゃん! 曹操しゃん!」


そんな私に便利な言葉が、
冒頭であげた「量質転化」です。

これなら、
足元を踏み固めながら進む必要はありません。
量をこなしてゆけばそのうち勝手に質があがる、という
素晴らしい理屈ですから、
面倒くさいプロセスは全て忘れて
勢いにまかせて進んでゆけるのです。
頭を絞りながら
ウンウンと唸る必要などありません。
細かい事を嫌う自分を
見事に正当化出来ますので
非常に重宝しています。

具体的に話しましょう。
例えば、これは覚えなくてはならない、という
重要な項目があったとします。
普通の人ならノートに書き出して、
復習に使うことでしょう。
然し、量質転化の実践者は
そんな道草をくってはなりません。
まぁそのうちまた出てくるだろ、くらいに
思っておけば十分なのです。
だってそうでしょう。
そんなに重要なものなら、きっとまた出てくるに
違いないのですし、
量をこなしてゆく事が前提なのだから、
再度の出会いは約束された運命も同然なのですから。

そうしてスムーズに次々と違う本を読み進め、
猛烈なスピードで
学習をこなしてゆくうちに、
また同じ項目に出くわします。
脂汗をかきながら暗記するのは面倒なので、
ここでも読み飛ばします。
忘れてしまってもかまいません。

そうこうしているうち、
要するに量をこなしているうちに、
またも同じ項目を目にすることになるでしょう。
この辺りから、薄々と記憶の土台が出来上がってきます。
そしてまた読み飛ばして、再度ふたたび…

この繰り返しです。
楽をして堅固な記憶を構築出来ますので
実践しない手はありません。
ごくたまに、ダラダラと長時間勉強しても意味がない、と、
言い切る人がいますが、そんな事はありません。
量をこなすことに重大な意味がある事をわかっていません。
そんな与太話をしたり顔でする人は、
ヘーゲルや 齋藤孝先生に謝るべきです。

26MAY10S.jpgそら「べきでしゅ!」

hana happy花「落ち着かんかねwww」

実際に、量質転化の効果を
この身で感じている私が云うのですから
間違いありません。
必要なら宣誓供述書だって書いて差し上げましょう。



…とはいえ、
もしかしたらノートくらいはとってもいいかな、などと
思いなおし、ちょっと要点をまとめるノートを作ってみました。
そうしたら驚くべきことに、
勉強の効率がずいぶんと上がりました。
やはりノートって大事ですよね。

sora scaredそら「はうぁっ!?」

hana happy花「なんじゃそりゃwww」



「合わせ技」というテクニック、ということで…






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1856-bb252cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)