自分を問うべし


「あの人の下じゃ大変だろうね。
なにしろ、自分の考えを押し付けてくる人だからなぁ。」

こんな言葉を誰かに云って、
そしてハッと強張った。
実は私もそのタイプに相違ないから。

私にとって、自分の正義は絶対です。
正しい事は絶対に正しいのだし、
そこに疑問があってはなりません。
XXは是が非でもこうだ!という、
「こうでなくてはならない思考」であり、
確信を以て他人を正す事に躊躇などありません。

hana ordinary花「周囲はきっと、えらい迷惑じゃがな~www」

sora mumuそら「ならぬことはならぬものでしゅ!」


たとえ話ですが、私の経営する宿屋に
極端に長身の旅人が宿泊したとしましょう。
旅人の背丈はベッドよりも長く、
足がはみ出してしまい苦情を受けたとします。
さてどうするか。

当然、
旅人の足を切断してベッドのサイズに合わせます。
これでベッドに収まるサイズとなるのですから。

sora scaredそら「ひいぃぃぃぃ!」

hana uhe花「その話、三島のユッキーがよくするよね…」


併しながら、
「過ちて改めざる、是を過ちという」
といった言葉もある通り、
やっぱり間違いは間違いで正すのが
まともな人間の取る行動でありましょう。

そこに非常な窮屈を感ずる私なので、
きっと誰かが何処かで
「あの人の下じゃ大変だろうね。
なにしろ、自分の考えを押し付けてくる人だからなぁ。」
ト、眉を顰めているに違いありませんが、
そんなものなど、どこ吹く風。
蛙の面に小便、牛に説法馬に銭、豚に念仏猫に経、ってなものです。




(ここから小声)
そんな風に嘯くとぼけた私に、
山本周五郎の「武家草鞋」という短編は大変な衝撃でした。
今でも人生の指南書の一つです。


いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1853-e7909a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)