悠然と大山を見る (MAR16)


2011年の2月の終わりに以下の記事がありました。
これは、陶淵明の有名な漢詩の一部を下地にし、
写真を使って自分の世界に仕立て上げたものです。

この暮らしの中にこそ、
生きる真意があった。

過去は美しく、
いつまでも心の中に存在し続けます。
そればかりか、いよいよその美しさを増し続けて
もうどうやっても手が届かないという現実と共に、
私を苦しめ、
そして同時に心を支えてくれもするのです。





A30JAN11 013TOENMEI

B23DEC10 048TOENMEI

C23DEC10 077TOENMEI



このような風景の中に

「生きること」

その真理があるのかもしれない








キミたちと共に在る
D23DEC10 058TOENMEI

この大事な瞬間にこそ・・・!
E23DEC10 070TOENMEI





いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1810-23d709d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)