写真


掌編小説 写真

私はある地方の小さな村役場に務める
しがない小役人です。
中年から初老にさしかかる手前にありながら、
さしたる地位にもなく、出世の見込みなどは寸毫もなく、
溌剌とした若い職員たちを横目に見ながら
事務所の日影で小さく地味に
淡々と雑用をこなす毎日です。

ある時、
この村に大物政治家が訪れることになりました。
なんでも、遊説の途中で急きょ訪問が決まったという話です。
どんな田舎にも目を向ける
殊勝ぶった姿勢を示すのが狙いだろうか、などと、
捻くれ根性で眺めていますが、
どうせ私には何の関係もない
遠い世界の出来事です。

しかし、役場に勤める以上、
知らん顔しているにもいかず、
演説会の準備に駆りだされて
それはもうてんてこ舞いのおお忙しとなりました。
ト云いましても
私の担当は、いつもの雑用で、
単なるマイクの配線係でしかないのですが、
そんな小さな歯車だって
演説会当日は大変に緊張いたしました。

田舎の事です。
この演説会は地方新聞で大々的に取り上げられ、
写真付きで掲載されました。
そして何の偶然か、
その立派な写真、熱弁する政治家の後方に、
配線係の私が微かに写ってしまったのです。

背景の一部にひっそりと写っている、
配線の確認にしゃがみこむ、みすぼらしい姿。
床に膝をつき、よれよれの背広にボサボサの頭、
斜めにズレたロイド眼鏡が
その姿をより侘しくみせています。

そんな野暮な写真に何の感慨も湧くはずはなく、
立派な桜の傍らにうっかり咲いてしまった
ドクダミの花のような心境となり、
それはもう、画面汚しよ、と皆に嘲笑されながら、
軽蔑と嘲りを一層強く背に感じる毎日に
益々、肩身が狭くなる思いでした。

年老いた故郷の母から手紙が届いたのはそんな時でした。
親切なご近所の紹介でその写真を目にした母は、
私が偉い政治家の写真に映っている事に驚き、
感激し、涙を流しながら記事を切り抜いて
用意した立派な額に入れて床の間に飾ったト云うのです。

父はその様子を眺めながら、
やはりオレの子よ、などと、
何度も何度も頷きながら
秘蔵の日本酒をあけたという、
なんだか悲しくなるようなくすぐったくなるような、
そんな故郷からの便りでした。

大はしゃぎに私の話をする母と、
上機嫌に目を細めている父。
偶然に私の姿が写っただけの写真に
そんな風に興奮している両親が、
私はなんだかもう、とてもいじらしくなり、
そしてとても有難い気持ちになったのでした。




29MAR16 MEKUJIRI Rvr 036a






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1809-76137892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)