掛け軸


ある有名なお寺に立派な掛け軸がある。

P1090092a.jpg


由緒正しいお寺なので、
きっとこの書も高名な僧侶によるものに違いない。
如何にも超絶技巧の達筆という様相で、
私のような浅学の徒を一歩も寄せ付けない
「読めるものなら読んでみよ」
トいった威厳に満ち満ちている。

然し、生来負けず嫌いな私は
一文字でも判別してやろうとにじり寄って、
肩を張ってこの書に相対した。

なるほど、読めん。

そう思った瞬間、書は益々その貫禄を増し、
爛々とした眼光を以て私を睨みはじめた。
思わず足がすくむ。

私は、日頃から、
堂々として大胆不敵な風貌のものを
「熊坂長範」と呼ぶ妙な癖がある。
この掛け軸もそう命名しようかと思ったが、
仮にもお寺にあるものに盗賊の名前は付けられない。
熊つながりで、「熊谷直実」の名も浮かんだが、
坂東武者のイメージとは明らかにそぐわない。
さて、どうしたものか。…

などと、他愛もない思想にふけっているうちに
座禅の時間が終わってしまった。

うむ。
私の修行はまるでなっちゃいない。






いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1791-900857e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)