記憶


記憶というのは写真のようなものだと思う。
それも現代のデジタル写真ではなく、
古ぼけたアルバムに収められたものに近い。

その古風な表紙をめくると
1ページ、1ページに、
花とそらと一緒に過ごした年月の
大きな流れの一場面一場面が、
ぼんやりとした画像ではあるが
きちんと保存されている。

一枚、一枚、復、一枚。

アルバムを開くと、
あの子たちの声や匂いや
温もりや生命を、
今でも感ずる事が出来る。

シルレルの云うように、
未来はためらいながら近づき、
現在は矢のように飛び去り、
そして過去は永久に静かに立っているものだが、

私の大切なアルバムは今、
過去という薄闇の静寂に
ひっそりと横たわっている。





そして、
私はもうこのまま過去に生き続けるのかも知れない。
これが、今、私の選んだ最良の幸福なのである。


08DEC15 WAKAMIYA 040a




いつも読んでくださっている皆様、有難う御座います。
スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

過去の記憶

いつも見させてもらっています。コメントは久しぶりですが、今日のブログは五年ほど前に国道16号で、パパさんとはなそらを見かけたことを思い出しました、ただそれだけなのですが、鮮明に絵ががでてきたので思わずコメントしています。

momo父様

お忙しいところ、
コメントいただきまして有難う御座います。
寒くなってまいりましたが、
いかがお過ごしでしょうか。

思い出していただけて
非常に光栄に、
そして嬉しく、励みに感じています。
花とそらの生きた痕跡が
私の知らないところにもあるのだと、
それを教えていただき
励まされた思いです。

このたびは、お気持ち有難う御座いました。

年末にむけて
お忙しいことと存じます。
どうか、ご自愛下さいませ。。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1771-aa307f70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)