天国へ行ったワンコへの手紙 (NOV15)


以下、2009年11月に掲載したものです。
このところ、アメリカの話を続けて掲載していますが、
今回は趣向が全く違います。
然し、こちらもまた、実にアメリカらしいお話です。

以前このニュース記事を読んだ時にも
大変に感動したものですが、
私には、今、この話が実に有難く感ぜられます。
神とはなにか?
神という存在とは?
この疑問に対する一つの答えが
今回のお話にはあるように思えます。

(以下、当時記したものをそのまま再掲載します。)





A Very Sweet Story About a Girl and Her Dog

コピー ~ abbey_and_meredith 2




米国に住む4歳の女の子メレディスちゃんは、
アビーという14歳になるワンコをとても可愛がっていました。

しかし
アビーは病気で亡くなってしまいました。


ずっと一緒に生活してきたアビーの死。

メレディスちゃんは悲しみ

どんなに苦しいかを
涙ながらに母親に訴えました。



悲しみにくれる中

「神様に手紙を書いたら、アビーが天国に着いたとき、
神様はちゃんと『アビーだ』ってわかってくれるかな」

メレディスちゃんはそう思いつき
母親に手伝ってもらい神様へ手紙を出すことにしました。



Dear God,
Will you please take care of my dog? She died yesterday and is with you in heaven.
I miss her very much. I am happy that you let me have her as my dog even though she got sick.
I hope you will play with her. She likes to play with balls and to swim.
I am sending a picture of her so when you see her you will know that she is my dog.
I really miss her.

Love, Meredith


「親愛なる神様、どうか私のアビーをよろしくお願いします。
アビーは昨日亡くなってしまい、今あなたと共に天国にあります。
アビーがいなくなって本当に悲しいです。

アビーは病気となってしまいましたが、
あなたのおかげでアビーと会うことが出来て私は本当に幸せでした。
ぜひアビーと遊んであげてください。
アビーは、ボール遊びと泳いで遊ぶのが好きです。

あなたがすぐにわかるように、アビーの写真を送ります。
アビーがいなくなって、本当に悲しいです。

メレディスより、愛をこめて




手紙と写真を入れた封筒には
「天国の神様」
とあて名が書かれてポストに投函されました。
そして数日後・・・



メレディスちゃんの家に
一通の小包が届きました。



中には
「When a pet dies(ペットが死んだ時)」という本と、
そして
「神様からの手紙」がはいっていました。


Dear Meredith,
Abbey arrived safely in heaven.Having the picture was a big help. I recognized Abbey right away.
Abbey isn't sick anymore. Her spirit is here with me just like it stays in your heart.
Abbey loved being your dog.
Since we don't need our bodies in heaven, I don't have any pockets to keep your picture in, so I am sending it back to you in this little book for you to keep and have something to remember Abbey by. Thank you for the beautiful letter and thank your mother for helping you write it and sending it to me.
What a wonderful mother you have. I picked her especially for you.
I send my blessings every day and remember that I love you very much.
By the way, I'm easy to find, I am wherever there is love.

Love,
God


「親愛なるメレディス。アビーは無事に天国につきました。
あなたから写真をもらっていたので、すぐにアビーだと分かりました。
アビーはもはや病気ではありません。
アビーの魂は私と共にあります、あなたの心の中にアビーがいるようにね。
アビーは、あなたと一緒にいられたことが本当に幸せだったそうです。

天国では体が必要ないので、
アビーの写真を入れておくポケットというものを
残念ながら私は持ちません。
そこで、この本と一緒にこの写真はお返ししますね?
あなたがいつでもアビーのことを思いだせるように。。

美しい手紙をありがとう、
そして手紙を書くのを手伝ってくれた素晴らしいお母様にも宜しくお伝え下さい。

いつもあなたに祝福を。
いつもあなたのことを愛しています。

ところで、私を見つけるのはとても簡単なのですよ?
何処であろうと、愛のある場所には私は必ずいるのですから・・・


愛を込めて 
GOD






(ニュース記事ママ)
It is not known who replied, but there is a beautiful soul working in the dead letter office of the US postal service.

(ニュース記事訳)
メレディスちゃんに、誰が返事を出したのかは分かっていません。
しかし、U.S. Postal Service(米国郵便公社)の
「配達不能郵便」を扱う部署には、
美しい心を持った誰かがいることだけは間違いありません。



2009-10-31-194456.jpg



この「誰か」が、この子に示した同情や思いやりといったものは、
施しを行った本人が思っている以上に
受け手にとっての大きな救いとなる事がある。
それがどれだけ有難くかけがえのないものであるかは、
傷ついている本人にしかわからない。
時として、人は神に依存しなければ生きていけない時がある。
そんなどん底の中で、実在の人間から
現実に手を差し伸べられたら
それが如何にその人の心を救う事になるか。
精神世界と現実世界の両面からの援助は、
その人を強く支える事になるのだ、
どちらが欠けても人は前には進めない。
神が人を救う存在であるならば、
神とは何であるかを
このストーリーは教えてくれる。


ニュースサイトには↓から(2015年11月現在でリンクは健在しています。
NEWSVINE A very sweet story about a girl and her dog























hana ordinaryHANA「とんでもね~、あたしゃ神様ぞな!」

HANA 30APR08 022HANA「志村けん、サイコーぞな~www」



SORA uuu07JAN09 010SORA「相変わらず・・・ブチ壊してくれるでしゅねぇ


スポンサーサイト

| はなそらDAYz!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hanasora0526.blog72.fc2.com/tb.php/1767-60da3533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)